HOME コラム一覧 申し訳ございません、おかけになった「不正」へは現在おつなぎすることができません。パート2 (その2 全4回)

申し訳ございません、おかけになった「不正」へは現在おつなぎすることができません。パート2 (その2 全4回)

post_visual

この記事は許諾を得て、「贈収賄事例集:テーブルの下からの眺め “Bribery and Corruption Casebook: The View from Under the Table” 」Laura Hymes, CFE, and Dr. Joseph T. Wells, CFE, CPA編、John Wiley & Sons Inc.社、2012年 より引用したものである。この事例における人名と組織名は変更した。

 次のステップは、請求書が偽りであることを確認することだった。ダンとジェイクに加えて、5人の米国NyTellの従業員がこのプロジェクトに専従していた。私は彼らと個別にインタビューをし、ITCとTESの請求書を詳細に調べた。彼らは口をそろえて請求書一つ一つがどのように偽造されているかを説明した。記載されているサービスはDCCプロジェクトに必要ないか、HALによって提供されたか、NyTellのITスタッフによって行われたものだった。さらに、ITCまたはTESの誰かと会議をしたか、両社のうちの誰かを知っているという証人はいなかった。そのため、調査は一つの明らかな問題を提示することになった。もし、ITCとTESが「幽霊」業者で、誰も見たことがないのだとしたら、結局どうやってNyTellは請求書を支払ったのか?
 ITCとTESの請求書についてはダンとクロエの承認プロセスが他社の場合と異なっていたことが分かった。「ダンは、私たち両方にとって時間の節約になると言いました」とクロエは説明した。ITCまたはTESの請求書にダンのサインがあれば、ダンは請求書の正当性を確認し、NyTellによる支払いが適切だと判断したことを意味する、と二人は取り決めた。不運なことに、クロエはダンに、なぜ2社だけ特別なプロセスを使い、他社には適用しないのか一度も質問しなかった。彼女はなぜこの2社に限ってBOONISより前にダンが請求書を受け取るのか、その理由も一度も質問しなかった。彼女はダンのサインを見ただけだった。
 チェットもダンのサインを盲目的に信頼した。チェットは2,500ドル~25,000ドルの請求書を承認した。彼は、ダンのサインは、ダンが請求書の正当性をすでに確認したことを意味すると思い続けた。チェットは自分で請求書の正当性を検証することも、他の主要なプロジェクトメンバーに情報を求めることもしなかった。そのかわり彼はダンからの情報だけに頼った。請求書が自分の上位者の承認に回された時、上位者が自分の承認を請求書の正当性を示す印とみなすとは、チェットもクロエも考えなかった。
 私はジェイクに対する証拠を手にした。他の全員と話を終えた今、ダンと対決するタイミングだった。

積み木(Building Blocks)

 ダンはいつもの通り、心から私を歓迎する様子でインタビューを受け始めた。彼は、NyTellが騙されている可能性があることにショックを受けている様子だった。「私ができることがあれば何でもするので、言ってほしい」と彼は約束した。
 私は彼とのインタビューに積み木スタイルをとった。まず、ダンは、NyTellが請求書を支払う義務があるとする前に、1)請求書に記載されているサービスが実際に提供されたこと、2)サービスは請求書を提出した業者によってなされたこと、3)サービスは他の誰かによって提供されていないことの三つが事実に間違いないことを認めた。
 ダンは、自分がプロジェクトの請求書の正当性を確認するための「頼りになるやつ」だと説明もした。実際、彼はITCとTESの請求書にあるそれぞれのサインは彼のものであると認めた。
その後私は、請求書の承認プロセスにおいて彼のサインがいかに重要であるか、ダンが認識していることを認めさせた。ダンは、ブルックとチェットも請求書を承認しなければならないとしたら、ダンが事前に正当性を確認したことを信頼するだろうと認めた。
 ダンが請求書の正当性を確認したと考えて、私は請求書に記載されているITCコンサルタントの使用が正当だと証明するようダンに求めた。プロジェクトのサービスの納入についてリソースが不足したため、ITCのサービスが必要だったとダンは説明した。(しかし、ITCからの追加サービスは必要ないと調査ですでに特定されていた)。
 質問を続けていくと、ダンの説明は崩壊した。彼は追加でITCのコンサルタントを使うという決定はしていないと言った。ダンはプロジェクトの幹部で請求書の正当性を確認する人物であるにもかかわらず、ダンは誰がその決定をしたのかも、その業務の必要性も分からないと主張した。さらに、主要なプロジェクトメンバーのうち誰も追加のリソースを要求しなかったこととダンが一度も追加のリソースかどうか決定するための質問をしなかったことを認めた。

(パート2 その3に続く)

----------------------------------------
初出:FRAUDマガジン44号(2015年6月1日発行)



執筆者情報

Meric Bloch, J.D., CFE, CCEP-F
Jabil Circuit社のグローバルコンプライアンス部門のシニア・ダイレクターである。300件以上の不正と重大な違法行為の調査の経験がある。不正調査に関連した著作や講演も多い。
翻訳協力:荒木理映、CFE、CIA

この記事のカテゴリ

この記事のシリーズ

企業の不正リスク対策

記事の一覧を見る

関連リンク

不正リスク(バックナンバー一覧)

申し訳ございません、おかけになった「不正」へは現在おつなぎすることができません。パート1(その1 全4回)

申し訳ございません、おかけになった「不正」へは現在おつなぎすることができません。パート2(その1 全4回)

税務・会計に関する情報を毎週無料でお届けしています!

メルマガ登録はこちら


コラム
/column/2017/img/thumbnail/img_24_s.jpg
この記事は許諾を得て、「贈収賄事例集:テーブルの下からの眺め “Bribery and Corruption Casebook: The View from Under the Table” 」Laura Hymes, CFE, and Dr. Joseph T. Wells, CFE, CPA編、John Wiley & Sons Inc.社、2012年 より引用したものである。この事例における人名と組織名は変更した。 次のステップは、請求書が偽りであることを確認することだった。ダンとジェイクに加えて、5人の米国NyTellの従業員がこのプロジェクトに専従していた。私は彼らと個別にインタビューをし、ITCとTESの請求書を詳細に調べた。彼らは口をそろえて請求書一つ一つがどのように偽造されているかを説明した。記載されているサービスはDCCプロジェクトに必要ないか、HALによって提供されたか、NyTellのITスタッフによって行われたものだった。さらに、ITCまたはTESの誰かと会議をしたか、両社のうちの誰かを知っているという証人はいなかった。そのため、調査は一つの明らかな問題を提示することになった。もし、ITCとTESが「幽霊」業者で、誰も見たことがないのだとしたら、結局どうやってNyTellは請求書を支払ったのか? ITCとTESの請求書についてはダンとクロエの承認プロセスが他社の場合と異なっていたことが分かった。「ダンは、私たち両方にとって時間の節約になると言いました」とクロエは説明した。ITCまたはTESの請求書にダンのサインがあれば、ダンは請求書の正当性を確認し、NyTellによる支払いが適切だと判断したことを意味する、と二人は取り決めた。不運なことに、クロエはダンに、なぜ2社だけ特別なプロセスを使い、他社には適用しないのか一度も質問しなかった。彼女はなぜこの2社に限ってBOONISより前にダンが請求書を受け取るのか、その理由も一度も質問しなかった。彼女はダンのサインを見ただけだった。 チェットもダンのサインを盲目的に信頼した。チェットは2,500ドル~25,000ドルの請求書を承認した。彼は、ダンのサインは、ダンが請求書の正当性をすでに確認したことを意味すると思い続けた。チェットは自分で請求書の正当性を検証することも、他の主要なプロジェクトメンバーに情報を求めることもしなかった。そのかわり彼はダンからの情報だけに頼った。請求書が自分の上位者の承認に回された時、上位者が自分の承認を請求書の正当性を示す印とみなすとは、チェットもクロエも考えなかった。 私はジェイクに対する証拠を手にした。他の全員と話を終えた今、ダンと対決するタイミングだった。
2018.07.05 18:24:29