HOME ニュース一覧 国税庁、消費税申告チェックシートを改訂

税ニュース

国税庁、消費税申告チェックシートを改訂

 国税庁はこのほど、国、地方公共団体、公共法人向けの消費税申告チェックシートを改訂した。国税庁では、実地調査以外の様々な手法により、納税者に自発的な適正申告を促す取組みを充実させており、消費税申告チェックシートもその一つ。国、地方公共団体及び公共法人が消費税申告書を作成・提出するにあたり、その内容の自主的な点検に活用するためのツールとして提供しており、国税当局へ提出する必要はない。

 7月5日付で国税庁ホームページに公開された最新のチェックシートは、国税当局における申告書のチェックや税務調査の結果から、誤りが生じやすい事項について取りまとめたもので、納税義務、課税売上げ、課税仕入れ等に関する全51項目、56チェックポイントで構成されている。

 本チェックシートを活用して申告書の自主点検を継続して実施することにより、申告誤りの防止が図られ、結果として、税務調査で処理誤りが指摘されるなどのリスク軽減につながることが期待されている。

 チェックシートの各項目には、国税庁のパンフレット「消費税のあらまし」と「国、地方公共団体や公共・公益法人等と消費税」の関連ページが併記されており、関連ページを参照することで消費税及び地方消費税の一般的な事柄について確認することができる逆引きも可能。

 なお、チェックシートについては、質的向上を図るため継続的に見直すこととしており、税務調査などの機会に改善要望についての意見等を聞くことを予定しているという。

消費税申告チェックシート(国、地方公共団体及び公共法人用)について

提供元:21C・TFフォーラム(株式会社タックス・コム)

この記事のカテゴリ

関連リンク

賃貸者契約の解約金相当額は不動産所得に該当すると判断

税務・会計に関する情報を毎週無料でお届けしています!

メルマガ登録はこちら

 

月間ニュースランキング

8月1日更新

税ニュース
/news/tax/2022/img/img_zei_01_s.jpg
 国税庁はこのほど、国、地方公共団体、公共法人向けの消費税申告チェックシートを改訂した。国税庁では、実地調査以外の様々な手法により、納税者に自発的な適正申告を促す取組みを充実させており、消費税申告チェックシートもその一つ。国、地方公共団体及び公共法人が消費税申告書を作成・提出するにあたり、その内容の自主的な点検に活用するためのツールとして提供しており、国税当局へ提出する必要はない。 7月5日付で国税庁ホームページに公開された最新のチェックシートは、国税当局における申告書のチェックや税務調査の結果から、誤りが生じやすい事項について取りまとめたもので、納税義務、課税売上げ、課税仕入れ等に関する全51項目、56チェックポイントで構成されている。 本チェックシートを活用して申告書の自主点検を継続して実施することにより、申告誤りの防止が図られ、結果として、税務調査で処理誤りが指摘されるなどのリスク軽減につながることが期待されている。 チェックシートの各項目には、国税庁のパンフレット「消費税のあらまし」と「国、地方公共団体や公共・公益法人等と消費税」の関連ページが併記されており、関連ページを参照することで消費税及び地方消費税の一般的な事柄について確認することができる逆引きも可能。 なお、チェックシートについては、質的向上を図るため継続的に見直すこととしており、税務調査などの機会に改善要望についての意見等を聞くことを予定しているという。
2022.07.06 15:03:28