HOME ニュース一覧 急速に進む「WEB3.0」 暗号資産税制への影響

税ニュース

急速に進む「WEB3.0」 暗号資産税制への影響

 「次世代インターネット」と呼ばれる「WEB3.0」を巡るデジタル化推進の動きが進む中、暗号資産(仮想通貨)に関わる税制改正が開会中の国会で議論されている。
 WEB3.0とは、GAFAなど巨大IT企業がデータやコンテンツを独占している現在の「WEB2.0」とされるインターネット世界に対し、ブロックチェーンの暗号技術によりデータを分散させるインターネットの新システム。自民党デジタル社会推進本部のプロジェクトチームは3月、「WEB3.0」を「新たな技術革新の波」と位置づけ、新時代を見据えたデジタル化を推進していくためのルールを早急に整備すべきという提言案をまとめた。提言の柱となっているのは、非代替性トークン(NFT)の活用や暗号資産の市場拡大のための税制改正だ。
 暗号資産による所得は現在、「雑所得」に分類され、給与所得などと合算した課税所得に税率をかけて税額を算出する総合課税となっている。これを株式などの金融商品取引が対象となる税率20%の分離課税とする税制改正の提言が、開会中の衆参議院で、自民党議員だけでなく国民民主党の玉木雄一郎代表らからも出ている。
 一般的に、分離課税にすることは広く投資を促すという意味合いを持つ。財務省主税局長は国会答弁で「他の所得とのバランスについて理解が得られるか、株式のように暗号資産を購入することについて国として政策的にどう考えていくのかといったことを考えた上で検討が必要」と述べている。2023年度の税制改正で議論される可能性もあるが、暗号資産には値動きの急激な変動やマネーロンダリング対策など、取り組むべき課題も多く、政府関係者は動向を注視している。

提供元:エヌピー通信社

この記事のカテゴリ

関連リンク

国際課税の新ルール 24年以降に持ち越し

税務・会計に関する情報を毎週無料でお届けしています!

メルマガ登録はこちら

 

月間ニュースランキング

8月1日更新

税ニュース
/news/tax/2022/img/img_zeisei_02_s.jpg
 「次世代インターネット」と呼ばれる「WEB3.0」を巡るデジタル化推進の動きが進む中、暗号資産(仮想通貨)に関わる税制改正が開会中の国会で議論されている。 WEB3.0とは、GAFAなど巨大IT企業がデータやコンテンツを独占している現在の「WEB2.0」とされるインターネット世界に対し、ブロックチェーンの暗号技術によりデータを分散させるインターネットの新システム。自民党デジタル社会推進本部のプロジェクトチームは3月、「WEB3.0」を「新たな技術革新の波」と位置づけ、新時代を見据えたデジタル化を推進していくためのルールを早急に整備すべきという提言案をまとめた。提言の柱となっているのは、非代替性トークン(NFT)の活用や暗号資産の市場拡大のための税制改正だ。 暗号資産による所得は現在、「雑所得」に分類され、給与所得などと合算した課税所得に税率をかけて税額を算出する総合課税となっている。これを株式などの金融商品取引が対象となる税率20%の分離課税とする税制改正の提言が、開会中の衆参議院で、自民党議員だけでなく国民民主党の玉木雄一郎代表らからも出ている。 一般的に、分離課税にすることは広く投資を促すという意味合いを持つ。財務省主税局長は国会答弁で「他の所得とのバランスについて理解が得られるか、株式のように暗号資産を購入することについて国として政策的にどう考えていくのかといったことを考えた上で検討が必要」と述べている。2023年度の税制改正で議論される可能性もあるが、暗号資産には値動きの急激な変動やマネーロンダリング対策など、取り組むべき課題も多く、政府関係者は動向を注視している。提供元:エヌピー通信社
2022.06.02 16:26:15