HOME ニュース一覧 基準地価、全国全用途平均▲0.4%で2年連続下落

税ニュース

基準地価、全国全用途平均▲0.4%で2年連続下落

 約2万1400地点を対象に実施された令和3年7月1日時点の基準地価は、全国の全用途平均が前年比▲0.4%(前年▲0.6%)となり、2年連続の下落となったことが、国土交通省が公表した令和3年地価調査結果で分かった。用途別では、全国住宅地の下落幅が▲0.5%(同▲0.7%)、全国商業地が▲0.5%(同▲0.3%)と2年連続の下落など、コロナ禍で宿泊や飲食などサービス業の低迷長期化が地価にも反映された。

 三大都市圏は、住宅地は東京圏(+0.1%)と名古屋圏(+0.3%)は上昇に転じたが、大阪圏(▲0.3%)は2年連続下落も下落率が縮小した。商業地は東京圏(+0.1%)で上昇率が縮小し、大阪圏(▲0.6%)は9年ぶりに下落に転じ、名古屋圏(+1.0%)は下落から上昇に転じた。ちなみに、下落地点の割合をみると、コロナ禍の打撃が大きい商業地は全国で55%に当たる2846地点で下落している。

 地方圏は、全用途平均(▲0.6%)・住宅地(▲0.7%)は下落幅が縮小、商業地(▲0.7%)は下落率が拡大した。地方四市(札幌市、仙台市、広島市及び福岡市)では、全用途平均(+4.4%)・住宅地(+4.2%)・商業地(+4.6%)のいずれも、上昇を継続。地方四市を除くその他の地域では、下落が継続しているが、全用途平均(▲0.8%)・住宅地(▲0.8%)は下落率が縮小し、商業地(▲1.0%)は下落率が拡大した。

 都道府県別の地価変動率をみると、住宅地は、変動率プラスの都道府県の数が令和2年の5から7(北海道、宮城県、東京都、石川県、愛知県、福岡県、沖縄県)に増加し、マイナスの都道府県が同42から38に減少(千葉・大分の2県は横ばい)。また、商業地は、変動率プラスの都道府県が同10から6(宮城県、千葉県、神奈川県、愛知県、福岡県、沖縄県)に減少し、マイナスの都道府県が同36から41に増えている。

 なお、全国の最高価格地は、商業地が東京都中央区銀座2丁目の「明治屋銀座ビル」(1平方メートル当たり3950万円)で、前年比で▲3.7%下落したものの、16年連続の1位だった。次いで、東京都中央区銀座6丁目の「銀座6-8-3」(同2850万円、前年比▲7.2%)だった。住宅地は、「東京都港区赤坂1-14-11」(同487万円)が前年に比べて3.2%上昇し、3年連続のトップとなっている。

令和3年地価調査結果について

提供元:21C・TFフォーラム(株式会社タックス・コム)

この記事のカテゴリ

関連リンク

金融庁、デリバティブ取引にまで損益通算範囲拡大を要望

税務・会計に関する情報を毎週無料でお届けしています!

メルマガ登録はこちら

 

月間ニュースランキング

10月1日更新

税ニュース
/news/tax/2021/img/img_news_01_s.jpg
 約2万1400地点を対象に実施された令和3年7月1日時点の基準地価は、全国の全用途平均が前年比▲0.4%(前年▲0.6%)となり、2年連続の下落となったことが、国土交通省が公表した令和3年地価調査結果で分かった。用途別では、全国住宅地の下落幅が▲0.5%(同▲0.7%)、全国商業地が▲0.5%(同▲0.3%)と2年連続の下落など、コロナ禍で宿泊や飲食などサービス業の低迷長期化が地価にも反映された。 三大都市圏は、住宅地は東京圏(+0.1%)と名古屋圏(+0.3%)は上昇に転じたが、大阪圏(▲0.3%)は2年連続下落も下落率が縮小した。商業地は東京圏(+0.1%)で上昇率が縮小し、大阪圏(▲0.6%)は9年ぶりに下落に転じ、名古屋圏(+1.0%)は下落から上昇に転じた。ちなみに、下落地点の割合をみると、コロナ禍の打撃が大きい商業地は全国で55%に当たる2846地点で下落している。 地方圏は、全用途平均(▲0.6%)・住宅地(▲0.7%)は下落幅が縮小、商業地(▲0.7%)は下落率が拡大した。地方四市(札幌市、仙台市、広島市及び福岡市)では、全用途平均(+4.4%)・住宅地(+4.2%)・商業地(+4.6%)のいずれも、上昇を継続。地方四市を除くその他の地域では、下落が継続しているが、全用途平均(▲0.8%)・住宅地(▲0.8%)は下落率が縮小し、商業地(▲1.0%)は下落率が拡大した。 都道府県別の地価変動率をみると、住宅地は、変動率プラスの都道府県の数が令和2年の5から7(北海道、宮城県、東京都、石川県、愛知県、福岡県、沖縄県)に増加し、マイナスの都道府県が同42から38に減少(千葉・大分の2県は横ばい)。また、商業地は、変動率プラスの都道府県が同10から6(宮城県、千葉県、神奈川県、愛知県、福岡県、沖縄県)に減少し、マイナスの都道府県が同36から41に増えている。 なお、全国の最高価格地は、商業地が東京都中央区銀座2丁目の「明治屋銀座ビル」(1平方メートル当たり3950万円)で、前年比で▲3.7%下落したものの、16年連続の1位だった。次いで、東京都中央区銀座6丁目の「銀座6-8-3」(同2850万円、前年比▲7.2%)だった。住宅地は、「東京都港区赤坂1-14-11」(同487万円)が前年に比べて3.2%上昇し、3年連続のトップとなっている。
2021.09.24 15:47:20