HOME ニュース一覧 東京オリンピック記念貨幣いよいよ最終発行

税ニュース

東京オリンピック記念貨幣いよいよ最終発行

 財務省はこのほど、東京2020オリンピック・パラリンピックの記念貨幣セットの最終発行分に関する詳細をホームページ上に公開した。財務省は、2020年に開催される東京オリンピック競技大会及び東京パラリンピック競技大会を記念する貨幣を、大会開催直前まで4回に分けて37種類発行することとしており、今回公表されたのは最終回である第4次発行分。

 記念貨幣は、聖火ランナーと国立競技場(1万円金貨:4万枚発行)やボクシング・レスリング(千円銀貨:各10万枚発行)、風神・雷神(500円バイカラー・クラッド貨幣:各400万枚発行)、サッカー・テニス・バレーボール・自転車競技・車いすラグビー(100円クラッド貨幣:各394.8万枚発行)など12種類の図柄で、裏面に大会エンブレムやソメイヨシノなどをあしらったデザインとなっている。

 1万円金貨(販売価格12万2223円・税込)と千円銀貨(同9676円・税込)については、独立行政法人造幣局からの通信販売となっており、申込受付期間は令和2年2月19日から3週間程度。500円バイカラー・クラッド貨幣と100円クラッド貨幣については、取扱金融機関の窓口において額面価格による引換えとなっており、引換予定時期は令和2年7月頃(引換開始日等は財務省から令和2年6月頃発表予定)となる。

 また財務省は、今回新たに2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会記念貨幣(第1次分~第4次分)全37種類の貨幣を組み込んだ特別記念貨幣セットを販売することとした。販売価格は69万円(税込)。1000セットの限定販売で、申込受付期間は令和2年4月下旬頃を予定しているという。

2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会記念貨幣発行について

提供元:21C・TFフォーラム(株式会社タックス・コム)

この記事のカテゴリ

関連リンク

マラソン大会の賞金は「雑所得」、褒賞金は「一時所得」

税務・会計に関する情報を毎週無料でお届けしています!

メルマガ登録はこちら

 

週間ニュースランキング

3月31日更新

税ニュース
/news/tax/2019/img/img_news_01_s.jpg
 財務省はこのほど、東京2020オリンピック・パラリンピックの記念貨幣セットの最終発行分に関する詳細をホームページ上に公開した。財務省は、2020年に開催される東京オリンピック競技大会及び東京パラリンピック競技大会を記念する貨幣を、大会開催直前まで4回に分けて37種類発行することとしており、今回公表されたのは最終回である第4次発行分。 記念貨幣は、聖火ランナーと国立競技場(1万円金貨:4万枚発行)やボクシング・レスリング(千円銀貨:各10万枚発行)、風神・雷神(500円バイカラー・クラッド貨幣:各400万枚発行)、サッカー・テニス・バレーボール・自転車競技・車いすラグビー(100円クラッド貨幣:各394.8万枚発行)など12種類の図柄で、裏面に大会エンブレムやソメイヨシノなどをあしらったデザインとなっている。 1万円金貨(販売価格12万2223円・税込)と千円銀貨(同9676円・税込)については、独立行政法人造幣局からの通信販売となっており、申込受付期間は令和2年2月19日から3週間程度。500円バイカラー・クラッド貨幣と100円クラッド貨幣については、取扱金融機関の窓口において額面価格による引換えとなっており、引換予定時期は令和2年7月頃(引換開始日等は財務省から令和2年6月頃発表予定)となる。 また財務省は、今回新たに2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会記念貨幣(第1次分~第4次分)全37種類の貨幣を組み込んだ特別記念貨幣セットを販売することとした。販売価格は69万円(税込)。1000セットの限定販売で、申込受付期間は令和2年4月下旬頃を予定しているという。
2019.12.11 16:48:05