HOME ニュース一覧 所得税調査、1割の実地調査で申告漏れの6割を把握

税ニュース

所得税調査、1割の実地調査で申告漏れの6割を把握

 国税庁が発表した今年6月までの1年間(平成30事務年度)の個人に対する所得税の調査の状況によると、前事務年度に比べ1.9%減の61万1千件の調査が行われ、うち約61%に当たる37万4千件からほぼ前年並みの9041億円の申告漏れ所得を見つけた。その追徴税額は同0.1%減の1195億円。1件平均148万円の申告漏れに対し17万円を追徴した。

 実地調査における特別調査・一般調査(高額・悪質な不正計算が見込まれるものを対象に行う深度ある調査)は5万件を実施し、うち約88%に当たる4万4千件から総額5236億円の申告漏れ所得を見つけ、903億円を追徴した。件数では全体の8.2%に過ぎないが、申告漏れ所得金額は全体の57.9%を占めた。調査1件当たりの申告漏れは1045万円と、全体平均の148万円を大きく上回っている。

 また、実地調査に含まれる着眼調査(資料情報や事業実態の解明を通じて行う短期間の調査)は、2万3千件行われ、うち1万7千件から788億円の申告漏れを見つけ、59億円を追徴。1件当たり平均申告漏れは336万円。一方、簡易な接触は、53万7千件行われ、うち31万3千件から3017億円の申告漏れを見つけ233億円を追徴。1件当たりの平均申告漏れは56万円だった。

 実地調査トータルでは、7万4千件の調査を行い、うち6万1千件から6024億円の申告漏れを見つけ、961億円を追徴。つまり、実地調査件数は全体の12.1%と約1割に過ぎないが、申告漏れ所得全体の6割半ば(66.6%)を把握しており、高額・悪質な事案を優先して深度ある調査を的確に実施する一方、短期間で申告漏れ所得等の把握を行う効率的・効果的な所得税調査が実施されていることが裏付けられた。

 このように、近年の所得税調査の特徴は、高額・悪質と見込まれるものを優先して深度ある調査(特別調査・一般調査)を重点的・集中的に行い、一方で実地調査までには至らないものは電話や来署依頼による“簡易な接触”で済ます調査方針にある。なお、業種別1件当たりの申告漏れ所得金額が高額な業種は、「風俗業」(2685万円)、「キャバクラ」(2278万円)、「経営コンサルタント」(2045万円)までがワースト3。

平成 30 事務年度 所得税及び消費税調査等の状況について

提供元:21C・TFフォーラム(株式会社タックス・コム)

この記事のカテゴリ

関連リンク

台風被災事業者が再導入する軽減税率対応レジは補助金対象に

税務・会計に関する情報を毎週無料でお届けしています!

メルマガ登録はこちら

 

週間ニュースランキング

12月9日更新

税ニュース
/news/tax/2019/img/img_shotoku_01_s.jpg
 国税庁が発表した今年6月までの1年間(平成30事務年度)の個人に対する所得税の調査の状況によると、前事務年度に比べ1.9%減の61万1千件の調査が行われ、うち約61%に当たる37万4千件からほぼ前年並みの9041億円の申告漏れ所得を見つけた。その追徴税額は同0.1%減の1195億円。1件平均148万円の申告漏れに対し17万円を追徴した。 実地調査における特別調査・一般調査(高額・悪質な不正計算が見込まれるものを対象に行う深度ある調査)は5万件を実施し、うち約88%に当たる4万4千件から総額5236億円の申告漏れ所得を見つけ、903億円を追徴した。件数では全体の8.2%に過ぎないが、申告漏れ所得金額は全体の57.9%を占めた。調査1件当たりの申告漏れは1045万円と、全体平均の148万円を大きく上回っている。 また、実地調査に含まれる着眼調査(資料情報や事業実態の解明を通じて行う短期間の調査)は、2万3千件行われ、うち1万7千件から788億円の申告漏れを見つけ、59億円を追徴。1件当たり平均申告漏れは336万円。一方、簡易な接触は、53万7千件行われ、うち31万3千件から3017億円の申告漏れを見つけ233億円を追徴。1件当たりの平均申告漏れは56万円だった。 実地調査トータルでは、7万4千件の調査を行い、うち6万1千件から6024億円の申告漏れを見つけ、961億円を追徴。つまり、実地調査件数は全体の12.1%と約1割に過ぎないが、申告漏れ所得全体の6割半ば(66.6%)を把握しており、高額・悪質な事案を優先して深度ある調査を的確に実施する一方、短期間で申告漏れ所得等の把握を行う効率的・効果的な所得税調査が実施されていることが裏付けられた。 このように、近年の所得税調査の特徴は、高額・悪質と見込まれるものを優先して深度ある調査(特別調査・一般調査)を重点的・集中的に行い、一方で実地調査までには至らないものは電話や来署依頼による“簡易な接触”で済ます調査方針にある。なお、業種別1件当たりの申告漏れ所得金額が高額な業種は、「風俗業」(2685万円)、「キャバクラ」(2278万円)、「経営コンサルタント」(2045万円)までがワースト3。
2019.11.29 17:47:46