HOME ニュース一覧 平成30年度のふるさと納税寄附額は過去最高の5127億円

税ニュース

平成30年度のふるさと納税寄附額は過去最高の5127億円

 総務省はこのほど、平成30年度ふるさと納税に関する現況調査結果を公表したが、同年度のふるさと納税による寄附件数は2322万3826件(対前年度比34.2%増)、その寄附額は5127億634万円(同40.3%増)とともに前年度同様大幅増加となり過去最高を更新したことがわかった。

 都道府県別でみると、大阪府が656億3500万円で最も多く寄附を集めており、以下、「北海道」503億5900万円、「佐賀県」424億4100万円、「静岡県」383億2700万円、「福岡県」310億2500万円の順だが、大阪府の寄附額の4分の3以上となる497億5300万円は府内の「泉佐野市」の寄附が占めている。

 また、市区町村別では、上記の泉佐野市が制度創設以来最高額を記録してダントツのトップで、以下、「静岡県小山町」、「和歌山県高野町」、「佐賀県みやき町」となっていて、高額な返礼品やアマゾンギフト券等といった返礼品を提供していたことにより、新ふるさと納税制度の初年度適用が見送られた地方団体が占めている。

 なお、確定申告の不要な給与所得者等が、地方団体5団体以内でふるさと納税を行う際に各ふるさと納税先に特例の適用に関する申請書を提出することを要件に確定申告を行わなくても済む「ふるさと納税ワンストップ特例制度」を利用した寄附件数は581万421件、その寄附額は1140億6985万円となり、制度創設4年目で1千億円を突破した。

ふるさと納税に関する現況調査結果について

提供元:21C・TFフォーラム(株式会社タックス・コム)

この記事のカテゴリ

関連リンク

審査申出後の請求の趣旨変更は許されると判示、控訴審に差戻し

税務・会計に関する情報を毎週無料でお届けしています!

メルマガ登録はこちら



週間ニュースランキング

8月9日更新

税ニュース
/news/tax/2019/img/img_chiho_01_s.jpg
 総務省はこのほど、平成30年度ふるさと納税に関する現況調査結果を公表したが、同年度のふるさと納税による寄附件数は2322万3826件(対前年度比34.2%増)、その寄附額は5127億634万円(同40.3%増)とともに前年度同様大幅増加となり過去最高を更新したことがわかった。 都道府県別でみると、大阪府が656億3500万円で最も多く寄附を集めており、以下、「北海道」503億5900万円、「佐賀県」424億4100万円、「静岡県」383億2700万円、「福岡県」310億2500万円の順だが、大阪府の寄附額の4分の3以上となる497億5300万円は府内の「泉佐野市」の寄附が占めている。 また、市区町村別では、上記の泉佐野市が制度創設以来最高額を記録してダントツのトップで、以下、「静岡県小山町」、「和歌山県高野町」、「佐賀県みやき町」となっていて、高額な返礼品やアマゾンギフト券等といった返礼品を提供していたことにより、新ふるさと納税制度の初年度適用が見送られた地方団体が占めている。 なお、確定申告の不要な給与所得者等が、地方団体5団体以内でふるさと納税を行う際に各ふるさと納税先に特例の適用に関する申請書を提出することを要件に確定申告を行わなくても済む「ふるさと納税ワンストップ特例制度」を利用した寄附件数は581万421件、その寄附額は1140億6985万円となり、制度創設4年目で1千億円を突破した。
2019.08.06 16:10:14