HOME ニュース一覧 好評の税務大学校公開講座の参加申込始まる

税ニュース

好評の税務大学校公開講座の参加申込始まる

国税庁関係

 税務大学校では現在、11月13日から3日間にわたり埼玉県和光市の同校和光校舎で開催する公開講座の受講者を募集している。公開講座は、毎年11月11日から17日までの「税を考える週間」に合わせて、租税に関する知識の普及等に寄与することを目的に平成6年度から開催しているもので、一般納税者から実務家まで受講できるカリキュラムが組まれており、好評を得ている。今回予定されている講座は、以下の6講座。

 11月13日は、「事業承継税制って、なに?―制度の仕組み・メリット等をよりわかりやすく-」(講師:高橋達也税務大学校専門教育部教授)、「相続法改正と相続税・贈与税への影響」(講師:岩崎政明明治大学専門職大学院法務研究科教授)。

 11月14日は、「消費税の軽減税率制度について」(講師:鈴木淳国税庁課税部消費税軽減税率制度対応室企画専門官)、「明治時代と租税の近代化」(講師:今村千文税務大学校租税史料室研究調査員)。

 11月15日は、「租税教育の重要性-大人に対する租税リテラシー教育の普及について-」(講師:税理士矢ノ目忠氏、酒井克彦中央大学商学部教授)、「これからの租税通報制度-あなたが会社の不正を知ったとき-」(講師:酒井克彦中央大学商学部教授)。

 なお、受講は1講座からできるので、まだ受講したことのない者は一度受講してみるのもいいだろう。申し込みは、FAX・ハガキ、同校ホームページから。締め切りは10月31日だが、各講座とも定員になり次第、受付が終了されるので、申し込みは早めに済ませたい。

税務大学校公開講座の御案内について

提供元:21C・TFフォーラム(株式会社タックス・コム)

関連リンク

原審の主たる事業の判断手法は合理的と判断、国側主張を棄却

税ニュース
/news/tax/2018/img/img_kokuzei_02_s.jpg
 税務大学校では現在、11月13日から3日間にわたり埼玉県和光市の同校和光校舎で開催する公開講座の受講者を募集している。公開講座は、毎年11月11日から17日までの「税を考える週間」に合わせて、租税に関する知識の普及等に寄与することを目的に平成6年度から開催しているもので、一般納税者から実務家まで受講できるカリキュラムが組まれており、好評を得ている。今回予定されている講座は、以下の6講座。 11月13日は、「事業承継税制って、なに?―制度の仕組み・メリット等をよりわかりやすく-」(講師:高橋達也税務大学校専門教育部教授)、「相続法改正と相続税・贈与税への影響」(講師:岩崎政明明治大学専門職大学院法務研究科教授)。 11月14日は、「消費税の軽減税率制度について」(講師:鈴木淳国税庁課税部消費税軽減税率制度対応室企画専門官)、「明治時代と租税の近代化」(講師:今村千文税務大学校租税史料室研究調査員)。 11月15日は、「租税教育の重要性-大人に対する租税リテラシー教育の普及について-」(講師:税理士矢ノ目忠氏、酒井克彦中央大学商学部教授)、「これからの租税通報制度-あなたが会社の不正を知ったとき-」(講師:酒井克彦中央大学商学部教授)。 なお、受講は1講座からできるので、まだ受講したことのない者は一度受講してみるのもいいだろう。申し込みは、FAX・ハガキ、同校ホームページから。締め切りは10月31日だが、各講座とも定員になり次第、受付が終了されるので、申し込みは早めに済ませたい。
2018.09.11 15:33:10