HOME ニュース一覧 赤字法人割合が7年連続の減少で63.5%に

税ニュース

赤字法人割合が7年連続の減少で63.5%に

国税庁関係

 国税庁の「平成28年度分会社標本調査」結果によると、同年度分(平成28年4月~29年3月)の法人数267万2033社のうち連結法人を1グループとしてカウントした266万125社の状況は、36.5%を占める97万698社が黒字法人、残りの63.5%の168万9427社が赤字法人で、赤字法人割合は前年度分から0.8ポイント減少し、過去最大の赤字割合となった平成21年度分(72.8%)から7年連続で減少しており、企業業績の好調が続いていることをうかがわせている。

 また、営業収入金額は1450兆8100億円と2年ぶりに増加に転じ、このうち利益計上法人をみると、営業収入金額は1144兆4408億円、その所得金額は59兆4612億円と7年連続で増加するとともに2年連続で過去最大を更新したことから、所得率は5.2%と0.1ポイントの上昇となった。

 気になる景気のバロメータともいえる企業の交際費等の支出額は3兆6270億円と5 年連続で増加しており、利益を上げている企業を中心に積極的に交際費を支出していることがわかった。営業収入金額10万円当たりの交際費等支出額は250円。

 また、寄附金の支出額は、災害関連、政治団体や関連子会社等のほか、企業版ふるさと納税への支出も増えたことから、前年度に比べて3320億円(+42.0%)増加し、初めて1兆円を超える1兆1229億円となった。

平成 28 年度分「会社標本調査」 調査結果について

提供元:21C・TFフォーラム(株式会社タックス・コム)

関連リンク

明らかに過大と解される特段の事情がない限り退職給与として相当

税ニュース
/news/tax/2018/img/img_kokuzeitsusoku_01_s.jpg
 国税庁の「平成28年度分会社標本調査」結果によると、同年度分(平成28年4月~29年3月)の法人数267万2033社のうち連結法人を1グループとしてカウントした266万125社の状況は、36.5%を占める97万698社が黒字法人、残りの63.5%の168万9427社が赤字法人で、赤字法人割合は前年度分から0.8ポイント減少し、過去最大の赤字割合となった平成21年度分(72.8%)から7年連続で減少しており、企業業績の好調が続いていることをうかがわせている。 また、営業収入金額は1450兆8100億円と2年ぶりに増加に転じ、このうち利益計上法人をみると、営業収入金額は1144兆4408億円、その所得金額は59兆4612億円と7年連続で増加するとともに2年連続で過去最大を更新したことから、所得率は5.2%と0.1ポイントの上昇となった。 気になる景気のバロメータともいえる企業の交際費等の支出額は3兆6270億円と5 年連続で増加しており、利益を上げている企業を中心に積極的に交際費を支出していることがわかった。営業収入金額10万円当たりの交際費等支出額は250円。 また、寄附金の支出額は、災害関連、政治団体や関連子会社等のほか、企業版ふるさと納税への支出も増えたことから、前年度に比べて3320億円(+42.0%)増加し、初めて1兆円を超える1兆1229億円となった。
2018.04.04 10:27:57