HOME ニュース一覧 日税連会長の諮問は「個人所得課税の控除方式等の課税のあり方」

税ニュース

日税連会長の諮問は「個人所得課税の控除方式等の課税のあり方」

会計士・税理士業界

 日本税理士会連合会の神津信一会長はこのほど、会長の諮問機関である税制審議会に対し、平成29年度の諮問事項として「個人所得課税における控除方式と負担調整のあり方について」を諮問した。同審議会は、学識経験者や税理士によって構成され、単年度ごとの会長の諮問に応じ、税制や税務行政全般について調査・審議を行い、その結果を会長に答申する。答申は、日税連が毎年、関係省庁に提出する税制改正建議書に反映されている。

 諮問によると、平成29年度の税制改正では、個人所得課税について、就業調整をめぐる課題に対処するため配偶者控除及び配偶者特別控除が見直されたが、所得再分配機能の回復を図る観点から、今後も各種控除等の見直しが行われると考えられる。現行の税制では、基礎控除をはじめとする人的控除等が「所得控除方式」によっているため、高所得者ほど税負担の軽減効果が大きいという指摘がある。

 このため、所得の金額にかかわらず税負担の軽減額が一定になる「ゼロ税率方式」や「税額控除方式」の導入を検討すべきであるという意見がある。また、税負担の調整に関して、現行の制度では、給与所得控除などを適用して所得計算の段階で負担調整を行っているが、雇用が流動化し、働き方が多様化している現在、所得の種類に応じた負担調整ではなく、家族構成などの納税者の人的な事情に配慮した負担調整にシフトすべきとの意見がある。

 このため、与党の「平成29年度税制改正大綱」では、「給与所得控除などの『所得の種類に応じた控除』と基礎控除などの『人的控除』のあり方を全体として見直すことを検討していく」としている。なお、人的控除等のあり方を検討するに際しては、個人住民税が比例税率となっているため、どのような控除方式を採用しても負担調整効果が同じになるという点も勘案する必要があると考えられる。

 こうしたことから、個人所得課税における控除方式と負担調整の方法について、配偶者控除額に逓減・消失する仕組みを導入した平成29年度の税制改正を踏まえて、そのあり方の検討を、税制審議会に対して諮問している。

提供元:21C・TFフォーラム(株式会社タックス・コム)

関連リンク

デンソーのタックスヘイブン訴訟で最高裁が課税取り消す

税ニュース
/news/tax/2017/img/img_zeirishi_01_s.jpg
 日本税理士会連合会の神津信一会長はこのほど、会長の諮問機関である税制審議会に対し、平成29年度の諮問事項として「個人所得課税における控除方式と負担調整のあり方について」を諮問した。同審議会は、学識経験者や税理士によって構成され、単年度ごとの会長の諮問に応じ、税制や税務行政全般について調査・審議を行い、その結果を会長に答申する。答申は、日税連が毎年、関係省庁に提出する税制改正建議書に反映されている。 諮問によると、平成29年度の税制改正では、個人所得課税について、就業調整をめぐる課題に対処するため配偶者控除及び配偶者特別控除が見直されたが、所得再分配機能の回復を図る観点から、今後も各種控除等の見直しが行われると考えられる。現行の税制では、基礎控除をはじめとする人的控除等が「所得控除方式」によっているため、高所得者ほど税負担の軽減効果が大きいという指摘がある。 このため、所得の金額にかかわらず税負担の軽減額が一定になる「ゼロ税率方式」や「税額控除方式」の導入を検討すべきであるという意見がある。また、税負担の調整に関して、現行の制度では、給与所得控除などを適用して所得計算の段階で負担調整を行っているが、雇用が流動化し、働き方が多様化している現在、所得の種類に応じた負担調整ではなく、家族構成などの納税者の人的な事情に配慮した負担調整にシフトすべきとの意見がある。 このため、与党の「平成29年度税制改正大綱」では、「給与所得控除などの『所得の種類に応じた控除』と基礎控除などの『人的控除』のあり方を全体として見直すことを検討していく」としている。なお、人的控除等のあり方を検討するに際しては、個人住民税が比例税率となっているため、どのような控除方式を採用しても負担調整効果が同じになるという点も勘案する必要があると考えられる。 こうしたことから、個人所得課税における控除方式と負担調整の方法について、配偶者控除額に逓減・消失する仕組みを導入した平成29年度の税制改正を踏まえて、そのあり方の検討を、税制審議会に対して諮問している。提供元:21C・TFフォーラム(株式会社タックス・コム)
2017.10.30 09:28:48