HOME ニュース一覧 請求書送付は約6割が「すべて郵送」、保存方法は「紙」がメイン

経営ニュース

請求書送付は約6割が「すべて郵送」、保存方法は「紙」がメイン

 しがぎん経済文化センターが、滋賀県内企業を対象に9月から10月にかけて実施した「インボイス制度に係るデジタル化の取組みについての特別アンケート調査」結果(有効回答数264社)によると、現在の請求先への請求書送付方法は、「すべて郵送」(57.8%)が6割近くを占めて最も多かった。「郵送とオンライン送付が混在または併用」は36.1%、「すべてオンラインで送付(電子メール等)」はわずか1.9%にとどまった。

 また、現在の発行/受領請求書の保存方法については、[発行]請求書は「紙で保存」(45.4%)が最も多いものの、「紙保存と電子データ保存が混在または併用」(41.2%)も4割を占めた。「電子データで保存」は13.5%。一方、[受領]請求書は「紙で保存」(57.8%)が[発行]請求書より12.4ポイント多く、「電子データで保存」(2.4%)は11.1ポイント少なくなった。

 請求書の作成方法は、「市販の会計ソフト、自社システム等」(64.8%)が6割超。「ワード、エクセル、手書き等」は30.3%。業種別では、「市販の会計ソフト、自社システム等」は製造業(74.4%)が非製造業(56.1%)を18.3ポイント上回った。従業員数別では、「市販の会計ソフト、自社システム等」は「51~100人以下」(76.9%)が最も多く、この区分を頂点に前後の区分に向けて山型に低くなっている。

 なお、[販売側]としての請求書発行業務におけるインボイス制度への対応状況は、「対応済み」(37.8%)は約4割で、「未対応」(58.4%)が6割近くを占めた。業種別では、「対応済み」は製造業(41.1%)が非製造業(34.8%)を6.3ポイント上回った。従業員数別では、企業規模での明らかな傾向は見当たらず、「対応済み」が最も多いのは「11~50人以下」(48.7%)だった。

 また、適格請求書発行事業者としての申請状況は、「申請済み」(68.7%)が約7割となった。「申請予定(期限である 令和5年3月までに申請予定)」(25.5%)と合計すると、9割超(94.2%)の企業が登録申請を行うものとみられる。従業員数別では、「申請済み」は「10人以下」(42.9%)のみが特に少なく、「申請予定」(40.8%)との合計は83.7%となったが、他の区分より少ない。

「インボイス制度に係るデジタル化の取組み調査」について

提供元:21C・TFフォーラム(株式会社タックス・コム)

この記事のカテゴリ

関連リンク

女性社長は58.4万人、12年間で2.7倍増に

税務・会計に関する情報を毎週無料でお届けしています!

メルマガ登録はこちら

 

月間ニュースランキング

12月1日更新

経営ニュース
/news/management/2022/img/img_keiei_04_s.jpg
 しがぎん経済文化センターが、滋賀県内企業を対象に9月から10月にかけて実施した「インボイス制度に係るデジタル化の取組みについての特別アンケート調査」結果(有効回答数264社)によると、現在の請求先への請求書送付方法は、「すべて郵送」(57.8%)が6割近くを占めて最も多かった。「郵送とオンライン送付が混在または併用」は36.1%、「すべてオンラインで送付(電子メール等)」はわずか1.9%にとどまった。 また、現在の発行/受領請求書の保存方法については、[発行]請求書は「紙で保存」(45.4%)が最も多いものの、「紙保存と電子データ保存が混在または併用」(41.2%)も4割を占めた。「電子データで保存」は13.5%。一方、[受領]請求書は「紙で保存」(57.8%)が[発行]請求書より12.4ポイント多く、「電子データで保存」(2.4%)は11.1ポイント少なくなった。 請求書の作成方法は、「市販の会計ソフト、自社システム等」(64.8%)が6割超。「ワード、エクセル、手書き等」は30.3%。業種別では、「市販の会計ソフト、自社システム等」は製造業(74.4%)が非製造業(56.1%)を18.3ポイント上回った。従業員数別では、「市販の会計ソフト、自社システム等」は「51~100人以下」(76.9%)が最も多く、この区分を頂点に前後の区分に向けて山型に低くなっている。 なお、[販売側]としての請求書発行業務におけるインボイス制度への対応状況は、「対応済み」(37.8%)は約4割で、「未対応」(58.4%)が6割近くを占めた。業種別では、「対応済み」は製造業(41.1%)が非製造業(34.8%)を6.3ポイント上回った。従業員数別では、企業規模での明らかな傾向は見当たらず、「対応済み」が最も多いのは「11~50人以下」(48.7%)だった。 また、適格請求書発行事業者としての申請状況は、「申請済み」(68.7%)が約7割となった。「申請予定(期限である 令和5年3月までに申請予定)」(25.5%)と合計すると、9割超(94.2%)の企業が登録申請を行うものとみられる。従業員数別では、「申請済み」は「10人以下」(42.9%)のみが特に少なく、「申請予定」(40.8%)との合計は83.7%となったが、他の区分より少ない。
2022.11.15 16:17:35