HOME ニュース一覧 中小経営者、6割弱が株式・投信購入を検討 日経平均株価の一時3万円超えで ~ストライクの3月の中小経営者アンケート

経営ニュース

中小経営者、6割弱が株式・投信購入を検討 日経平均株価の一時3万円超えで ~ストライクの3月の中小経営者アンケート

 日経平均株価が一時3万円を超えるなど、新型コロナウイルスの感染拡大下でも活況が続く株式市場。M&A(合併・買収)仲介を手掛けるストライクが3月に実施したアンケート調査よると、中小経営者の6割弱(複数回答)が、株式や投資信託を購入することを検討していると答えた。中小経営者の約5割は日経平均の年内高値について「3万1000円未満」と答えており、証券会社などの強気見通しとは一線を画しているものの、投資意欲は旺盛といえそうだ。

 調査はストライクが3月24~26日に実施し、330件の回答を得た。回答した経営者の業種は、卸売・小売業、建設業、製造業、不動産業、サービス業などが多い。

 アンケート(複数回答)によると、「株式」への投資を検討するとの回答は33%弱、「投資信託」の購入を検討するとの回答は24%強だった。不動産への投資を検討しているとの答えは7%だった。不動産価格が都市部を中心に持ち直してきたこともあり、買い意欲が回復しつつあるようだ。

 日銀による超低金利を反映してか、国債を検討している人は5%、社債は3%にとどまった。一方で将来のインフレ対策として注目を集める金やプラチナなど商品への投資を検討している人は4%と社債を上回った。ベンチャー企業への出資を検討しているとの回答は2%と、日本の経営者の間ではベンチャー投資がなお一般的ではないことも浮き彫りとなった。

 2021年中の日経平均の最高値予測は、3万1000円未満が50%と最も高い比率だった。2番目は3万1000~3万2000円未満で、11%だった。4万円以上と回答したのはわずか3%だった。特にM&Aの売り手側の経営者は63%が3万1000円未満と回答するなど、慎重な見方が多かった。

提供元:株式会社STRIKE

この記事のカテゴリ

関連リンク

ストライクが本社を5月に移転へ 業容拡大で

税務・会計に関する情報を毎週無料でお届けしています!

メルマガ登録はこちら

 

月間ニュースランキング

9月2日更新

経営ニュース
/news/management/2021/img/img_keiei_01_s.jpg
 日経平均株価が一時3万円を超えるなど、新型コロナウイルスの感染拡大下でも活況が続く株式市場。M&A(合併・買収)仲介を手掛けるストライクが3月に実施したアンケート調査よると、中小経営者の6割弱(複数回答)が、株式や投資信託を購入することを検討していると答えた。中小経営者の約5割は日経平均の年内高値について「3万1000円未満」と答えており、証券会社などの強気見通しとは一線を画しているものの、投資意欲は旺盛といえそうだ。 調査はストライクが3月24~26日に実施し、330件の回答を得た。回答した経営者の業種は、卸売・小売業、建設業、製造業、不動産業、サービス業などが多い。 アンケート(複数回答)によると、「株式」への投資を検討するとの回答は33%弱、「投資信託」の購入を検討するとの回答は24%強だった。不動産への投資を検討しているとの答えは7%だった。不動産価格が都市部を中心に持ち直してきたこともあり、買い意欲が回復しつつあるようだ。 日銀による超低金利を反映してか、国債を検討している人は5%、社債は3%にとどまった。一方で将来のインフレ対策として注目を集める金やプラチナなど商品への投資を検討している人は4%と社債を上回った。ベンチャー企業への出資を検討しているとの回答は2%と、日本の経営者の間ではベンチャー投資がなお一般的ではないことも浮き彫りとなった。 2021年中の日経平均の最高値予測は、3万1000円未満が50%と最も高い比率だった。2番目は3万1000~3万2000円未満で、11%だった。4万円以上と回答したのはわずか3%だった。特にM&Aの売り手側の経営者は63%が3万1000円未満と回答するなど、慎重な見方が多かった。
2021.05.12 16:50:14