HOME ニュース一覧 消費増税を受けモバイル決済サービス利用者が大幅増

経営ニュース

消費増税を受けモバイル決済サービス利用者が大幅増

 博報堂が全国の20~69歳の男女を対象に10月に実施した「消費増税に伴うキャッシュレス決済状況に関する生活者調査」結果(有効回答数1860人)によると、1ヵ月以内にいずれかのモバイル決済サービスを「利用した」との回答は35.9%で、本年3月に行った調査から15.9ポイントの大幅増加となった。中でもGRコード決済利用者(27.6%)は18.6ポイント増加し、モバイル決済利用者の増加を後押ししている。

 各種カード決済の利用者は、「最もよく利用する」(42.9%)、「利用したことがある」(84.7%)ともに前回調査からほぼ変化はなかった。最も頻繁に利用した決済手段は、モバイル決済が6.5ポイント増加し、現金は6.4ポイント低下した。本年10月1日の消費増税開始に伴う「キャッシュレス・消費者還元事業」によって、キャッシュレス化が大きく進展したと考えられる。

 還元事業の認知率は調査対象者の91.9%。各年代、性別においてもほぼ同様のスコアとなった。還元事業が始まったことを受け、キャッシュレス決済の利用を「始めた/増やした」と行動に変化があった人の割合は26.6%、今後利用を「始めたい/増やしたい」人の割合は43.0%となった。約7割の人が、還元事業の影響を受けて、キャッシュレス決済を始めたり増やしたりするように行動・意向を変化させている。

 キャッシュレス化進展への予測と期待は、キャッシュレス化が「今後進んでいくと思う」と回答したのは68.1%と全体の約7割。男女別でみると、女性(71.4%)のほうが6.5ポイント高く、特に女性20代では78.6%と最も高くなっている。一方で、キャッシュレス化が「進むことを期待している」との回答は全体で47.5%。男性では53.5%と過半数が期待している一方で、女性では41.8%と半数を割る結果となった。

 キャッシュレス化が進んだ社会に期待すること(複数回答)は、「1つの決済ツールで国内外あらゆる支払いが完結する」が45.7%、次いで「あらゆる入出金が簡単に一元管理できる」が32.5%。また、キャッシュレス化が進むことで期待する社会全体の様子(同)としては、「お金を扱う人間の手間や時間が削減された社会」が43.9%、次いで「現金があることに起因する犯罪リスクが低減された社会」が38.6%だった。

消費増税にともなうキャッシュレス決済状況に関する生活者調査について

提供元:21C・TFフォーラム(株式会社タックス・コム)



この記事のカテゴリ

関連リンク

引退廃業者の9割は後継者を探すことなく廃業

税務・会計に関する情報を毎週無料でお届けしています!

メルマガ登録はこちら

 

週間ニュースランキング

3月31日更新

経営ニュース
/news/management/2019/img/img_news_01_s.jpg
 博報堂が全国の20~69歳の男女を対象に10月に実施した「消費増税に伴うキャッシュレス決済状況に関する生活者調査」結果(有効回答数1860人)によると、1ヵ月以内にいずれかのモバイル決済サービスを「利用した」との回答は35.9%で、本年3月に行った調査から15.9ポイントの大幅増加となった。中でもGRコード決済利用者(27.6%)は18.6ポイント増加し、モバイル決済利用者の増加を後押ししている。 各種カード決済の利用者は、「最もよく利用する」(42.9%)、「利用したことがある」(84.7%)ともに前回調査からほぼ変化はなかった。最も頻繁に利用した決済手段は、モバイル決済が6.5ポイント増加し、現金は6.4ポイント低下した。本年10月1日の消費増税開始に伴う「キャッシュレス・消費者還元事業」によって、キャッシュレス化が大きく進展したと考えられる。 還元事業の認知率は調査対象者の91.9%。各年代、性別においてもほぼ同様のスコアとなった。還元事業が始まったことを受け、キャッシュレス決済の利用を「始めた/増やした」と行動に変化があった人の割合は26.6%、今後利用を「始めたい/増やしたい」人の割合は43.0%となった。約7割の人が、還元事業の影響を受けて、キャッシュレス決済を始めたり増やしたりするように行動・意向を変化させている。 キャッシュレス化進展への予測と期待は、キャッシュレス化が「今後進んでいくと思う」と回答したのは68.1%と全体の約7割。男女別でみると、女性(71.4%)のほうが6.5ポイント高く、特に女性20代では78.6%と最も高くなっている。一方で、キャッシュレス化が「進むことを期待している」との回答は全体で47.5%。男性では53.5%と過半数が期待している一方で、女性では41.8%と半数を割る結果となった。 キャッシュレス化が進んだ社会に期待すること(複数回答)は、「1つの決済ツールで国内外あらゆる支払いが完結する」が45.7%、次いで「あらゆる入出金が簡単に一元管理できる」が32.5%。また、キャッシュレス化が進むことで期待する社会全体の様子(同)としては、「お金を扱う人間の手間や時間が削減された社会」が43.9%、次いで「現金があることに起因する犯罪リスクが低減された社会」が38.6%だった。
2019.12.24 16:05:56