HOME ニュース一覧 28年国内BtoC-EC市場規模は15兆円を突破

経営ニュース

28年国内BtoC-EC市場規模は15兆円を突破

 経済産業省が公表した「電子商取引に関する市場調査」結果によると、平成28年の日本国内のBtoC-EC(消費者向け電子商取引)市場規模は15.1兆円(前年比9.9%増)と15兆円を突破した。EC化率は、広義BtoB-EC(企業間電子商取引)が28.3%(同1.0ポイント増)、狭義BtoB-ECが19.8%(同0.6ポイント増)、BtoC-ECが5.43%(同0.68ポイント増)と、商取引の電子化は進展している。

 EC化率とは、物販分野における全ての商取引金額に対する、電子商取引市場規模の割合。広義電子商取引は、コンピューターネットワークシステムを介して、商取引(受発注)が行われ、かつその成約金額が捕捉されるもので、狭義ECに加え、従来型EDIが含まれる。狭義電子商取引は、インターネット技術を用いたコンピューターネットワークシステムを介して、商取引が行われ、かつその成約金額が捕捉されるものをいう。

 平成28年の日本国内のBtoB-EC市場規模は、広義BtoB-ECは291兆円(前年比1.3%増)に、狭義BtoB-ECは204兆円(同1.2%増)に拡大。広義EC化率の伸びが堅調だった業種は、「食品」(前年比2.0ポイント増)、「輸送用機械」(同2.0ポイント増)、「電気・情報関連機器」(同1.7ポイント増)等。狭義EC化率の伸びでは、「輸送用機械」(同2.3ポイント増)、「鉄・非鉄金属」(同1.2ポイント増)等だった。

 日米中の3ヵ国相互間の越境電子商取引の平成28年の動向は、日本の消費者による米国及び中国事業者からの越境ECによる購入額は2396億円(前年比7.5%増)、米国の消費者による日本及び中国事業者からの購入額は1.0兆円(同15.2%増)、中国の消費者による日本及び米国事業者からの購入額は2.2兆円(同32.6%増)となり、日米中3ヵ国相互間の消費者向け越境EC市場の中では、中国の消費者による購入額が最大の規模となっている。

 なお、物販分野における平成28年のスマートフォン経由のBtoC-ECの市場規模は5697億円増の2兆5559億円(前年比28.7%増)となった。これは物販のBtoC-EC市場規模8兆43億円の31.9%に相当する金額。また、ネットオークションの28年の市場規模を推計したところ、1兆849億円となった。うち、CtoC(一般消費者間)による市場規模は3458億円という推計結果になった。

同市場調査結果の要旨

提供元:21C・TFフォーラム

この記事のカテゴリ

関連リンク

経営ニュース一覧(旧サイトバックナンバー)

企業の27.6%が「増収増益」見込みで緩やかな回復傾向

税務・会計に関する情報を毎週無料でお届けしています!

メルマガ登録はこちら



週間ニュースランキング

6月25日更新

経営ニュース
/news/management/2017/img/img_keiei_03_s.jpg
 経済産業省が公表した「電子商取引に関する市場調査」結果によると、平成28年の日本国内のBtoC-EC(消費者向け電子商取引)市場規模は15.1兆円(前年比9.9%増)と15兆円を突破した。EC化率は、広義BtoB-EC(企業間電子商取引)が28.3%(同1.0ポイント増)、狭義BtoB-ECが19.8%(同0.6ポイント増)、BtoC-ECが5.43%(同0.68ポイント増)と、商取引の電子化は進展している。 EC化率とは、物販分野における全ての商取引金額に対する、電子商取引市場規模の割合。広義電子商取引は、コンピューターネットワークシステムを介して、商取引(受発注)が行われ、かつその成約金額が捕捉されるもので、狭義ECに加え、従来型EDIが含まれる。狭義電子商取引は、インターネット技術を用いたコンピューターネットワークシステムを介して、商取引が行われ、かつその成約金額が捕捉されるものをいう。 平成28年の日本国内のBtoB-EC市場規模は、広義BtoB-ECは291兆円(前年比1.3%増)に、狭義BtoB-ECは204兆円(同1.2%増)に拡大。広義EC化率の伸びが堅調だった業種は、「食品」(前年比2.0ポイント増)、「輸送用機械」(同2.0ポイント増)、「電気・情報関連機器」(同1.7ポイント増)等。狭義EC化率の伸びでは、「輸送用機械」(同2.3ポイント増)、「鉄・非鉄金属」(同1.2ポイント増)等だった。 日米中の3ヵ国相互間の越境電子商取引の平成28年の動向は、日本の消費者による米国及び中国事業者からの越境ECによる購入額は2396億円(前年比7.5%増)、米国の消費者による日本及び中国事業者からの購入額は1.0兆円(同15.2%増)、中国の消費者による日本及び米国事業者からの購入額は2.2兆円(同32.6%増)となり、日米中3ヵ国相互間の消費者向け越境EC市場の中では、中国の消費者による購入額が最大の規模となっている。 なお、物販分野における平成28年のスマートフォン経由のBtoC-ECの市場規模は5697億円増の2兆5559億円(前年比28.7%増)となった。これは物販のBtoC-EC市場規模8兆43億円の31.9%に相当する金額。また、ネットオークションの28年の市場規模を推計したところ、1兆849億円となった。うち、CtoC(一般消費者間)による市場規模は3458億円という推計結果になった。
2017.04.26 11:35:54