HOME コラム一覧 今年M&Aをお考えの売り手・買い手に朗報!

今年M&Aをお考えの売り手・買い手に朗報!

post_visual

「事業承継引継ぎ補助金」無料セミナー
5/18開催!!「事業承継・引継ぎ補助金(専門家活用事業)」無料ズームセミナー

「事業承継引継ぎ補助金」無料面談
事業承継・引継ぎ補助金(専門家活用事業)申請サポートご案内

今年M&Aをお考えの売り手・買い手に朗報

今年M&Aを検討されている、売り手さんや買い手さんが、M&Aに伴って専門家に成功報酬等を支払う場合に、事前に申請をしておくと、「最高600万円、補助率2/3」で補助金が支給される可能性があります。

これを、「事業承継・引継ぎ補助金(専門家活用型)」といいます。
以前は、経営資源引継ぎ補助金という名前でした。

例えば、売り手さんや買い手さんが、成功報酬等300万円をM&A専門家に支払う場合、事前申請をして採択を受ければ、300万円×2/3=200万円の補助金が、後日支給されますので、実質負担が300万円-200万円=100万円となります。

まずはgBizIDプライムアカウントの取得

補助金は電子申請となりますので、補助金申請の可能性がある方は、出来れば急いで、まずは「gBizID(ジービズアイディー)プライムアカウント」の取得を下記より行ってください。
gBizID

今回の補助金の申請期限は、5月31日とまだ余裕があるように思いますが、上記のgBizIDプライムアカウントの取得には、2-3週間かかることもあるようですので、お急ぎください。

採択率100%の補助金!?

この事業承継引継ぎ補助金は、採択率が公表で約80%となっていて、弊社が過去に申請をお手伝いしたものは100%採択でした。

また、5月31日の締め切り後もこの補助金は継続していくことが想定されていますが、今回のみ下記の特長があり、今回申請がおススメです。

・事前着手が可能
・前回250万円補助率1/2、今回「600万円補助率2/3」、次回400万円補助率1/2となる予定

また、前回とは異なり、今回以後の注意点としては、下記となります。

・成功報酬や中間報酬については、「M&A支援機関登録制度」に登録された登録FA又はM&A仲介業者によるFA又はM&A仲介費用のみが補助対象経費となります

この補助金は申請や採択自体はハードルが低いのですが、「スケジュール」と「相見積もり」がポイントです。

詳しく知りたい方は、下記をご参照くださいませ。

「事業承継引継ぎ補助金」無料セミナー
5/18開催!!「事業承継・引継ぎ補助金(専門家活用事業)」無料ズームセミナー

「事業承継引継ぎ補助金」の無料面談
事業承継・引継ぎ補助金(専門家活用事業)申請サポートご案内

執筆者情報

profile_photo

マネーコンシェルジュ税理士法人/ビジネスサクセション株式会社 代表 今村 仁

会計事務所を経験後ソニー株式会社に勤務。その後2003年今村仁税理士事務所を開業、2007年マネーコンシェルジュ税理士法人に改組、代表社員に就任。ビジネスサクセション株式会社、代表取締役社長。税理士・宅地建物取引主任者・CFP等

この記事のカテゴリ

この記事のシリーズ

マネー税金コラム

記事の一覧を見る

関連リンク

マネーコンシェルジュ税理士法人 (会計事務所検索)

【2022年版】小規模事業者持続化補助金の特徴

税務・会計に関する情報を毎週無料でお届けしています!

メルマガ登録はこちら


コラム
/column/2022/img/thumbnail/img_06_s.jpg
「事業承継引継ぎ補助金」無料セミナー5/18開催!!「事業承継・引継ぎ補助金(専門家活用事業)」無料ズームセミナー「事業承継引継ぎ補助金」無料面談事業承継・引継ぎ補助金(専門家活用事業)申請サポートご案内
2022.05.13 17:26:03