HOME ニュース一覧 中小企業庁が「先端設備導入で固定資産税ゼロ」の自治体を公表

税ニュース

中小企業庁が「先端設備導入で固定資産税ゼロ」の自治体を公表

 中小企業庁は、先端設備等導入に伴う固定資産税ゼロの措置を本年9月末までに講じた1605の市区町村のリストを公表している。

 平成30年度税制改正では、生産性向上特別措置法案の国会提出を受け地方税法を改正し、中小企業が行う生産性向上のための一定の設備投資に対して、市区町村の判断により、条例で3年間固定資産税の課税標準を2分の1からゼロの範囲で軽減することを可能とする特例措置を創設した。

 市区町村数1605は、全国の市区町村数の9割以上に当たる。ほとんどの市区町村が条例を改正し、最も軽減割合の大きい固定資産税ゼロを採用したことになる。

 特例措置の対象設備は、市区町村から先端設備等導入計画の認定を受けた中小企業が、平成30年6月6日(生産性向上特別措置法の施行日)から33年3月31日までの間に導入計画に基づき取得した機械装置や工具、器具備品、建物附属設備で、生産効率の向上や取得価額など一定の要件を満たすもの。中古資産は対象外。

提供元:21C・TFフォーラム(株式会社タックス・コム)

この記事のカテゴリ

関連リンク

財務省、仮想通貨取引の課税逃れ策を検討

税務・会計に関する情報を毎週無料でお届けしています!

メルマガ登録はこちら

 

週間ニュースランキング

2月19日更新

税ニュース
/news/tax/2018/img/img_kaikei_01_s.jpg
 中小企業庁は、先端設備等導入に伴う固定資産税ゼロの措置を本年9月末までに講じた1605の市区町村のリストを公表している。 平成30年度税制改正では、生産性向上特別措置法案の国会提出を受け地方税法を改正し、中小企業が行う生産性向上のための一定の設備投資に対して、市区町村の判断により、条例で3年間固定資産税の課税標準を2分の1からゼロの範囲で軽減することを可能とする特例措置を創設した。 市区町村数1605は、全国の市区町村数の9割以上に当たる。ほとんどの市区町村が条例を改正し、最も軽減割合の大きい固定資産税ゼロを採用したことになる。 特例措置の対象設備は、市区町村から先端設備等導入計画の認定を受けた中小企業が、平成30年6月6日(生産性向上特別措置法の施行日)から33年3月31日までの間に導入計画に基づき取得した機械装置や工具、器具備品、建物附属設備で、生産効率の向上や取得価額など一定の要件を満たすもの。中古資産は対象外。提供元:21C・TFフォーラム(株式会社タックス・コム)
2018.11.01 16:14:45