HOME ニュース一覧 メインバンク、地方銀行が初の全国シェア4割超

経営ニュース

メインバンク、地方銀行が初の全国シェア4割超

 帝国データバンクが9日に発表した「全国メインバンク動向調査」結果によると、2019年の全国メインバンク社数トップは「三菱UFJ銀行」となった。企業数は9万9681社となり、2009年の調査開始以降11年連続のトップ。しかし、社数では2009年以来10年ぶりに10万社を下回り、全国シェアは6.80%(前年比0.05ポイント減)で10年連続の減少となった。

 2位は「三井住友銀行」の7万9346社(シェア5.41%、前年比0.02ポイント減)。以下、「みずほ銀行」(6万3720社、シェア4.35%)、「りそな銀行」(3万453社、シェア2.08%)と続き、上位4行はいずれも3メガなど5大銀行だった。5位は北海道を地盤とする第二地方銀行の「北洋銀行」(2万4615社、シェア1.68%)、6位は「福岡銀行」(2万1484社、シェア1.47%)と続いた。

 業態別にみると、全国で3メガを含む「五大銀行(都市銀行:三菱UFJ、三井住友、みずほ、りそな、埼玉りそな)」のシェアは19.82%と前年を0.05ポイント下回った。五大銀行のシェアは、調査を開始した2009年以降一貫して減少傾向が続いており、2019年は過去最低となった。また、「第二地方銀行」(シェア9.96%、前年比0.39ポイント減)は全業態中最もシェアを落としたほか、初めてシェア1割を下回った。

 「信用組合」(シェア2.48%、前年比0.01ポイント減)は10年連続でシェアが減少した。一方、「地方銀行」のシェアは40.07%で前年を0.42ポイント上回り、11年連続でシェアトップとなったほか、初めて全国シェアで4割台に到達した。また、実店舗を持たず、インターネットバンキングなどを主力事業とする「新形態(ネットなど)の銀行」のシェアは0.11%(前年比0.01ポイント増)となり、調査当初の2009年(シェア0.01%)から10倍に拡大した。

 各地域別に企業がメインバンクとして認識している金融機関を業態別にみると、9地域中5地域で「地方銀行」が過半数を占めトップシェア。うち4地域ではいずれも地域シェアを拡大させたが、四国では地方銀行のシェアが縮小。九州・沖縄では、地方銀行単独でシェア7割を占める状況に変化はないが、「第二地銀」がシェアを微増させた。「五大銀行」は6地域で地域シェア低下、2地域も前年比横ばいで推移した。

 特に2018年からシェアが低下したのは近畿で、0.24ポイント低下した。代わって伸長したのは「地方銀行」で、2018年から2.42ポイント増加。第二地銀だった関西アーバン銀行が、経営統合により地銀の関西みらい銀行となった影響が大きい。また、五大銀行では全国的に店舗統廃合や拠点撤退を進めており、相対的に地域金融機関がシェアを拡大しやすい環境も要因に挙げられる。北海道は9地域で唯一「信用金庫」が地域シェアトップとなった。

全国メインバンク動向調査(2019年)について

提供元:21C・TFフォーラム(株式会社タックス・コム)

この記事のカテゴリ

関連リンク

企業の借入金利、11年連続で低下

税務・会計に関する情報を毎週無料でお届けしています!

メルマガ登録はこちら

 

週間ニュースランキング

2月19日更新

経営ニュース
/news/management/2019/img/img_kinyu_02_s.jpg
 帝国データバンクが9日に発表した「全国メインバンク動向調査」結果によると、2019年の全国メインバンク社数トップは「三菱UFJ銀行」となった。企業数は9万9681社となり、2009年の調査開始以降11年連続のトップ。しかし、社数では2009年以来10年ぶりに10万社を下回り、全国シェアは6.80%(前年比0.05ポイント減)で10年連続の減少となった。 2位は「三井住友銀行」の7万9346社(シェア5.41%、前年比0.02ポイント減)。以下、「みずほ銀行」(6万3720社、シェア4.35%)、「りそな銀行」(3万453社、シェア2.08%)と続き、上位4行はいずれも3メガなど5大銀行だった。5位は北海道を地盤とする第二地方銀行の「北洋銀行」(2万4615社、シェア1.68%)、6位は「福岡銀行」(2万1484社、シェア1.47%)と続いた。 業態別にみると、全国で3メガを含む「五大銀行(都市銀行:三菱UFJ、三井住友、みずほ、りそな、埼玉りそな)」のシェアは19.82%と前年を0.05ポイント下回った。五大銀行のシェアは、調査を開始した2009年以降一貫して減少傾向が続いており、2019年は過去最低となった。また、「第二地方銀行」(シェア9.96%、前年比0.39ポイント減)は全業態中最もシェアを落としたほか、初めてシェア1割を下回った。 「信用組合」(シェア2.48%、前年比0.01ポイント減)は10年連続でシェアが減少した。一方、「地方銀行」のシェアは40.07%で前年を0.42ポイント上回り、11年連続でシェアトップとなったほか、初めて全国シェアで4割台に到達した。また、実店舗を持たず、インターネットバンキングなどを主力事業とする「新形態(ネットなど)の銀行」のシェアは0.11%(前年比0.01ポイント増)となり、調査当初の2009年(シェア0.01%)から10倍に拡大した。 各地域別に企業がメインバンクとして認識している金融機関を業態別にみると、9地域中5地域で「地方銀行」が過半数を占めトップシェア。うち4地域ではいずれも地域シェアを拡大させたが、四国では地方銀行のシェアが縮小。九州・沖縄では、地方銀行単独でシェア7割を占める状況に変化はないが、「第二地銀」がシェアを微増させた。「五大銀行」は6地域で地域シェア低下、2地域も前年比横ばいで推移した。 特に2018年からシェアが低下したのは近畿で、0.24ポイント低下した。代わって伸長したのは「地方銀行」で、2018年から2.42ポイント増加。第二地銀だった関西アーバン銀行が、経営統合により地銀の関西みらい銀行となった影響が大きい。また、五大銀行では全国的に店舗統廃合や拠点撤退を進めており、相対的に地域金融機関がシェアを拡大しやすい環境も要因に挙げられる。北海道は9地域で唯一「信用金庫」が地域シェアトップとなった。
2019.12.10 16:08:57