HOME ニュース一覧 GC注記、重要事象の付記企業は過去最少に並ぶ合計59社

経営ニュース

GC注記、重要事象の付記企業は過去最少に並ぶ合計59社

経営

 東京商工リサーチがこのほど発表した「2017年9月中間決算の上場企業『継続企業の前提に関する注記』調査」結果によると、2017年9月中間決算を発表した3月期決算の上場企業2431社のうち、決算短信で「継続企業の前提に関する注記(ゴーイングコンサーン注記)」(GC注記)を付記した上場企業は21社だった。前年度本決算(2017年3月期、23社)より2社減少した。

 また、事業継続に重要な疑義を生じさせる事象がある場合に記載する「継続企業に関する重要事象」は38社で、前年度本決算より3社減少した。GC注記と重要事象が記載された企業数は、リーマン・ショック直後の2009年3月期に過去最多の145社を記録し、その後は減少をたどっていた。しかし、2015年3月期に6年ぶりに増加に転じ、以降は一進一退で推移し、2017年9月中間期は、過去最少だった2014年3月期、2014年9月中間期、2016年9月中間期に並ぶ59社だった。

 GC注記・重要事象の記載企業59社を理由別に分類すると、48社(構成比81.3%)が重要・継続的な売上減や損失計上、営業キャッシュ・フローのマイナスなどの「本業不振」を理由としている。次いで「再建計画遂行中・その他」が8社(同13.5%)、「資金繰り・調達難」が4社(同6.7%)と続き、売上や損益の悪化など、本業面で苦戦が続く企業が大半を占めている。

 GC注記・重要事象の記載企業59社を業種別にみてみると、「製造業」が28社(構成比47.4%)と半数を占め、大手の下請けメーカーなど中堅規模が中心となっている。また、上場区分別では、JASDAQ、マザーズ、名証セントレックスの新興市場が27社(同45.7%)と、ほぼ半数を占めた。事業基盤がぜい弱なベンチャーなどの新興企業、景気拡大の波に乗れない中堅企業への偏在が特徴となっている。

 なお、GC注記企業21社のうち、半数の11社が3年前の2014年9月中間期決算でもGC注記か重要事象を記載していた。東京商工リサーチは、「業績が浮上しない不振企業の固定化が顕著となっている。大手と中堅以下との間での格差拡大や二極化進行の表れで、引き続き経営の重大な局面から抜け出せないGC注記企業や重要事象の記載企業の動向から目が離せない」とコメントしている。

2017年9月中間決算 上場企業「継続企業の前提に関する注記」調査について

提供元:21C・TFフォーラム(株式会社タックス・コム)

関連リンク

2018年の「周年記念企業」、全国に約14万社

経営ニュース
/news/management/2017/img/img_keiei_01_s.jpg
 東京商工リサーチがこのほど発表した「2017年9月中間決算の上場企業『継続企業の前提に関する注記』調査」結果によると、2017年9月中間決算を発表した3月期決算の上場企業2431社のうち、決算短信で「継続企業の前提に関する注記(ゴーイングコンサーン注記)」(GC注記)を付記した上場企業は21社だった。前年度本決算(2017年3月期、23社)より2社減少した。  また、事業継続に重要な疑義を生じさせる事象がある場合に記載する「継続企業に関する重要事象」は38社で、前年度本決算より3社減少した。GC注記と重要事象が記載された企業数は、リーマン・ショック直後の2009年3月期に過去最多の145社を記録し、その後は減少をたどっていた。しかし、2015年3月期に6年ぶりに増加に転じ、以降は一進一退で推移し、2017年9月中間期は、過去最少だった2014年3月期、2014年9月中間期、2016年9月中間期に並ぶ59社だった。 GC注記・重要事象の記載企業59社を理由別に分類すると、48社(構成比81.3%)が重要・継続的な売上減や損失計上、営業キャッシュ・フローのマイナスなどの「本業不振」を理由としている。次いで「再建計画遂行中・その他」が8社(同13.5%)、「資金繰り・調達難」が4社(同6.7%)と続き、売上や損益の悪化など、本業面で苦戦が続く企業が大半を占めている。 GC注記・重要事象の記載企業59社を業種別にみてみると、「製造業」が28社(構成比47.4%)と半数を占め、大手の下請けメーカーなど中堅規模が中心となっている。また、上場区分別では、JASDAQ、マザーズ、名証セントレックスの新興市場が27社(同45.7%)と、ほぼ半数を占めた。事業基盤がぜい弱なベンチャーなどの新興企業、景気拡大の波に乗れない中堅企業への偏在が特徴となっている。 なお、GC注記企業21社のうち、半数の11社が3年前の2014年9月中間期決算でもGC注記か重要事象を記載していた。東京商工リサーチは、「業績が浮上しない不振企業の固定化が顕著となっている。大手と中堅以下との間での格差拡大や二極化進行の表れで、引き続き経営の重大な局面から抜け出せないGC注記企業や重要事象の記載企業の動向から目が離せない」とコメントしている。
2017.12.13 09:19:55