HOME コラム一覧 身近で起こっているインターネットの脅威について その9

身近で起こっているインターネットの脅威について その9

post_visual

東京五輪に便乗した標的型攻撃が発生か…「無料チケット」で不正サイトに誘導

1.このニュースをザックリ言うと

- 9月5日(日本時間)、データ分析等を行うAntuit社より、2020年の東京オリンピックに便乗する標的型攻撃が開始された可能性があると発表されました。

- 発表によれば、同社が監視していた攻撃者のフォーラムサイトで、同3日に「日本と米国の174,000人が在籍する企業への攻撃を開始した」とし、5回にわたる攻撃を示唆する投稿を確認したとのことです。

- 攻撃メールの一例として、
◆件名が「無料チケットオリンピック」
◆本文が「親愛なる購読者/あなたは幸運な参加者として選ばれます」
で始まり、無料航空券やギフト券をプレゼントすると偽って添付ファイルやリンク先のサイトからマルウェアに感染させようとするものが挙げられています。

2.執筆者からの所感等

- 大きなイベントや事件には、必ずと言っていいほど便乗してのフィッシング詐欺やマルウェア感染を狙った攻撃等が発生します。

- 今年は日本各地で立て続けに豪雨・台風そして地震による甚大な被害がもたらされていますが、例えば7月の豪雨の際には偽の募金サイトが確認されています(AUS便り 2018/07/23号参照)。

- 現在発生している攻撃の他、今までにどういった攻撃が発生したかについても情報収集し、信頼のおける公共機関・自治体等についてはブックマークやSNSアカウントのフォローを行うようにしましょう。

- また、WebブラウザやアンチウイルスソフトあるいはUTMに備わっているアンチフィッシング等のセキュリティ機能は必ず有効にし、疑わしいリンクが貼られたメール等を受信した場合は「サイトや情報が信頼できるものか検索等で確認する」等の自衛策をとることを推奨致します。



執筆者情報

profile_photo

株式会社アルテミス

株式会社アルテミスは、1995年(平成7年)に設立以来、情報通信および情報セキュリティという事業領域において、お客様ニーズに合わせてワンストップにて各種ソリューションを提供しています。
自社製品として情報セキュリティ関連の各種シリーズをリリース、そのほか、ネットワークセキュリティの分野では、疑似侵入診断サービス、Webアプリケーション診断サービスなどによるネットワークの脆弱性診断などを展開するなど、官公庁・金融機関・一部上場企業を初めとする大手・中堅企業から中小企業に至るまで、多くの企業がセキュアなシステムを構築するための支援を首尾一貫して提供しています。
特に50名以下の管理者がいない法人(SMB)法人に対してセキュリティ+マネージドサービスを提供しています。
SMB市場でのセキュリティ機器&サービスは、提案、購入するだけでは、エンドユーザへの『真の導入には至らない』ため、システム管理者が不在でも、機器の運用、サービスの運用、 IT機器の活用方法、トラブル対応、リスク対応などを標準化した商品を提供しています。

株式会社アルテミス
https://www.artemis-jp.com/

株式会社アルテミス AUS便り
https://www.artemis-jp.com/wp/aus_arc/

この記事のカテゴリ

この記事のシリーズ

中小企業のインターネット

記事の一覧を見る

関連リンク

身近で起こっているインターネットの脅威について その8

税務・会計に関する情報を毎週無料でお届けしています!

メルマガ登録はこちら


コラム
/column/2018/img/thumbnail/img_32_s.jpg
9月5日(日本時間)、データ分析等を行うAntuit社より、2020年の東京オリンピックに便乗する標的型攻撃が開始された可能性があると発表されました。
2018.09.19 16:11:03