HOME ニュース一覧 「納税地の特例」の手続きが簡素化

税ニュース

「納税地の特例」の手続きが簡素化

 転居などにより納税地が変わった場合の手続きが大幅に簡素化された。これは、国税庁がこのほど公表した「納税地の特例等に関する手続の変更について」により明らかとなったもの。従来、転居等により所得税や消費税の納税地に異動があった場合には、その後遅滞なく、異動前の納税地の所轄税務署に「所得税・消費税の納税地の異動に関する届出書」を提出しなければならないこととされている。

 また、納税地は一般的に、納税義務者が国内に住所を有する場合はその住所地、国内に住所を有せず居所を有する場合はその居所地とされているが、「納税地の特例」として、居所地又は事業所等の所在地を納税地とする「納税地の変更」をすることができる。この場合も、変更前の納税地の所轄税務署に「所得税・消費税の納税地の変更に関する届出書」を提出しなければならないこととされている。

 令和4年度税制改正に伴い、納税義務者が納税地を異動又は変更した場合の手続きに関して見直しが行われたことで、これらの取扱いが一新した。異動後及び変更後の納税地については、国税当局において、提出された確定申告書等に記載された内容等から把握可能であることを踏まえ、令和5年1月1日以後は、「所得税・消費税の納税地の異動に関する届出書」、「所得税・消費税の納税地の変更に関する届出書」ともに提出が不要とされる。

 これにより、令和5年1月1日以後に納税地の異動又は変更がある場合は、1)納税地の異動がある場合は異動後の納税地を所得税又は消費税の申告書に記載、2)納税地の変更を行う場合は変更後の納税地を所得税又は消費税の申告書に記載すればよいこととなる。

 ただし、国税当局からの各種送付文書の送付先の変更等のため、年の途中で納税地の異動又は変更をする意思があるときは、「所得税・消費税の納税地の異動又は変更に関する申出書」を提出することができる。

納税地の特例等に関する手続の変更について

提供元:21C・TFフォーラム(株式会社タックス・コム)

この記事のカテゴリ

関連リンク

長年要望の東京国税局「情報システム部」(仮称)新設が認められる

税務・会計に関する情報を毎週無料でお届けしています!

メルマガ登録はこちら

 

月間ニュースランキング

2月1日更新

税ニュース
/news/tax/2023/img/img_kokuzei_02_s.jpg
 転居などにより納税地が変わった場合の手続きが大幅に簡素化された。これは、国税庁がこのほど公表した「納税地の特例等に関する手続の変更について」により明らかとなったもの。従来、転居等により所得税や消費税の納税地に異動があった場合には、その後遅滞なく、異動前の納税地の所轄税務署に「所得税・消費税の納税地の異動に関する届出書」を提出しなければならないこととされている。 また、納税地は一般的に、納税義務者が国内に住所を有する場合はその住所地、国内に住所を有せず居所を有する場合はその居所地とされているが、「納税地の特例」として、居所地又は事業所等の所在地を納税地とする「納税地の変更」をすることができる。この場合も、変更前の納税地の所轄税務署に「所得税・消費税の納税地の変更に関する届出書」を提出しなければならないこととされている。 令和4年度税制改正に伴い、納税義務者が納税地を異動又は変更した場合の手続きに関して見直しが行われたことで、これらの取扱いが一新した。異動後及び変更後の納税地については、国税当局において、提出された確定申告書等に記載された内容等から把握可能であることを踏まえ、令和5年1月1日以後は、「所得税・消費税の納税地の異動に関する届出書」、「所得税・消費税の納税地の変更に関する届出書」ともに提出が不要とされる。 これにより、令和5年1月1日以後に納税地の異動又は変更がある場合は、1)納税地の異動がある場合は異動後の納税地を所得税又は消費税の申告書に記載、2)納税地の変更を行う場合は変更後の納税地を所得税又は消費税の申告書に記載すればよいこととなる。 ただし、国税当局からの各種送付文書の送付先の変更等のため、年の途中で納税地の異動又は変更をする意思があるときは、「所得税・消費税の納税地の異動又は変更に関する申出書」を提出することができる。
2022.12.28 14:20:43