HOME ニュース一覧 国税専門官試験にデジタル系試験区分を創設

税ニュース

国税専門官試験にデジタル系試験区分を創設

 税務行政のDX(デジタル・トランスフォーメーション=デジタルを活用した国税に関する手続や業務の在り方の抜本的な見直し)の取組みを進めている国税庁では、国税専門官採用試験の試験科目に基礎数学、情報数学・情報工学、物理、化学等の問題が多く設定された理工・デジタル系向けの新試験区分である国税専門官採用試験(B区分)を創設する。2023(令和5)年度の採用試験から始める。2022年度採用試験では、採用予定数約1400人に対し、1万4867人が受験を申し込んでいる。

 デジタルの活用として、国税庁では、たとえば調査・徴収事務の場合、国税組織内外の膨大な情報の中から、必要なデータを抽出・加工・分析等することにより、申告漏れの可能性が高い納税者の特定や滞納者への効率的な接触を図ること等を今後の取組みとしている。現状では、申告内容や調査事績、資料等の情報の他、民間情報機関や外国政府から入手する情報など、種々かつ膨大な情報の管理に多大な事務量を投下している。これらのデータを高度活用する要員として、デジタル系人材が求められている。

 現在、国税職員がデジタル・ICTスキルを活用して業務を行っている部署としては、国税庁の参事官、企画課、情報技術室、国税局の企画課、情報システム室、調査開発課、査察開発課、税務署の情報技術専門官、特別国税調査官(開発調査担当など)等がある。

【2023(令和5)年度開始】新試験区分(理工・デジタル系)の創設について

提供元:21C・TFフォーラム(株式会社タックス・コム)

この記事のカテゴリ

関連リンク

国税庁、「副業の雑所得」範囲明確化でパブコメ募集

税務・会計に関する情報を毎週無料でお届けしています!

メルマガ登録はこちら

 

月間ニュースランキング

8月1日更新

税ニュース
/news/tax/2022/img/img_kokuzei_01_s.jpg
 税務行政のDX(デジタル・トランスフォーメーション=デジタルを活用した国税に関する手続や業務の在り方の抜本的な見直し)の取組みを進めている国税庁では、国税専門官採用試験の試験科目に基礎数学、情報数学・情報工学、物理、化学等の問題が多く設定された理工・デジタル系向けの新試験区分である国税専門官採用試験(B区分)を創設する。2023(令和5)年度の採用試験から始める。2022年度採用試験では、採用予定数約1400人に対し、1万4867人が受験を申し込んでいる。 デジタルの活用として、国税庁では、たとえば調査・徴収事務の場合、国税組織内外の膨大な情報の中から、必要なデータを抽出・加工・分析等することにより、申告漏れの可能性が高い納税者の特定や滞納者への効率的な接触を図ること等を今後の取組みとしている。現状では、申告内容や調査事績、資料等の情報の他、民間情報機関や外国政府から入手する情報など、種々かつ膨大な情報の管理に多大な事務量を投下している。これらのデータを高度活用する要員として、デジタル系人材が求められている。 現在、国税職員がデジタル・ICTスキルを活用して業務を行っている部署としては、国税庁の参事官、企画課、情報技術室、国税局の企画課、情報システム室、調査開発課、査察開発課、税務署の情報技術専門官、特別国税調査官(開発調査担当など)等がある。
2022.08.04 16:05:50