HOME ニュース一覧 警視庁が税理士等資格者を対象とした「特別財務捜査官」を募集

税ニュース

警視庁が税理士等資格者を対象とした「特別財務捜査官」を募集

 警視庁では、専門的な知識・技術を備え、一定の資格や民間における職歴・経験を持つ者を特別捜査官として採用しているが、このほど財務犯罪など高い専門性を必要とする犯罪捜査で効果的な捜査手法の確立や技術力を高度化できる税理士等の資格を持った者を「財務捜査官」として採用するための経験者採用試験を実施する。

 具体的な職務内容は、金融犯罪・企業犯罪捜査等における財務分析、地下銀行・旅券不正取得等の国際組織犯罪捜査での資金解明、暴力団に関する企業犯罪又はフロント企業における財務分析・資金解明等で、各種会計帳簿・伝票類、外国為替、手形、小切手、証券、金融に関する専門知識が必要とされる。

 採用選考は2回予定されており、第1回は7月20日~8月16日まで申込受付、第1次選考を9月11日、第2次選考を10月15日、第2回は12月16日~来年1月5日まで申込受付、第1次選考を1月29日、第2次選考を2月25日となっている。第2回目の試験は第1回の合格者数等により実施されないこともある。採用予定数は若干名で、採用は来年4月以降となる。

 受験資格は、1)税理士又は会計士補の資格を有し、かつ、民間等における5年以上の有用な職歴を有する者、2)税理士法第5条第1項第1号イからホまでに定める事務又はこれに相当する業務に民間等における5年以上の有用な職歴を有する者、のいずれかに該当すること。

 試験内容をみると、第1次選考は、「筆記考査、教養考査、専門考査、経験小論文、論文」、第2次選考は職務に必要な専門知識についての面接や適性検査など。合格者は、幹部警察官(警部補:3 級職)として採用され犯罪捜査等に従事する。

採用情報について

提供元:21C・TFフォーラム(株式会社タックス・コム)

この記事のカテゴリ

関連リンク

外国子会社益金不算入制度の外国子会社には該当しないと判示

税務・会計に関する情報を毎週無料でお届けしています!

メルマガ登録はこちら

 

月間ニュースランキング

9月1日更新

税ニュース
/news/tax/2022/img/img_news_01_s.jpg
 警視庁では、専門的な知識・技術を備え、一定の資格や民間における職歴・経験を持つ者を特別捜査官として採用しているが、このほど財務犯罪など高い専門性を必要とする犯罪捜査で効果的な捜査手法の確立や技術力を高度化できる税理士等の資格を持った者を「財務捜査官」として採用するための経験者採用試験を実施する。 具体的な職務内容は、金融犯罪・企業犯罪捜査等における財務分析、地下銀行・旅券不正取得等の国際組織犯罪捜査での資金解明、暴力団に関する企業犯罪又はフロント企業における財務分析・資金解明等で、各種会計帳簿・伝票類、外国為替、手形、小切手、証券、金融に関する専門知識が必要とされる。 採用選考は2回予定されており、第1回は7月20日~8月16日まで申込受付、第1次選考を9月11日、第2次選考を10月15日、第2回は12月16日~来年1月5日まで申込受付、第1次選考を1月29日、第2次選考を2月25日となっている。第2回目の試験は第1回の合格者数等により実施されないこともある。採用予定数は若干名で、採用は来年4月以降となる。 受験資格は、1)税理士又は会計士補の資格を有し、かつ、民間等における5年以上の有用な職歴を有する者、2)税理士法第5条第1項第1号イからホまでに定める事務又はこれに相当する業務に民間等における5年以上の有用な職歴を有する者、のいずれかに該当すること。 試験内容をみると、第1次選考は、「筆記考査、教養考査、専門考査、経験小論文、論文」、第2次選考は職務に必要な専門知識についての面接や適性検査など。合格者は、幹部警察官(警部補:3 級職)として採用され犯罪捜査等に従事する。
2022.07.12 15:54:51