HOME ニュース一覧 経産省、最低税率課税制度+外国子会社合算税制の研究会を設置

税ニュース

経産省、最低税率課税制度+外国子会社合算税制の研究会を設置

 経済産業省はこのほど、「最低税率課税制度及び外国子会社合算税制のあり方に関する研究会」を設置し、その内容をホームページで公表した。

 人口や国内市場が縮小する中、日本の「投資立国」化が急速に進行しており、日本企業が海外成長市場で獲得した収益は日本経済全体にとって非常に重要となってきている。他方、経済のデジタル化が加速する中、日本企業は諸外国企業との激化する競争に直面。価格競争力や商品開発力に課題があるとも指摘されており、これらの課題克服に向けて、税制面からも、日本企業と諸外国企業との公正な競争条件を確保し、円滑な海外事業活動を支えていくことが必要とされている。

 こうした実情を背景に設置された同研究会では今後、2021年10月に国際合意された最低税率課税制度(ピラー2)について、米国、英国、EU等での検討が行われている状況も踏まえつつ、1)我が国における円滑な最低税率課税制度導入に向けた今後の論点の確認、2)最低税率課税制度とCFC税制との関係整理、CFC税制の簡素化のあり方、などについて議論していくこととしている。

 同研究会は、6月17日に第1回会合を開催。以降、2回程度開催し、今夏を目途に、一定のとりまとめを行う予定。委員には座長の田近栄治氏(一橋大学名誉教授)の他、太田洋氏(弁護士)、岡村忠生氏(京都大学大学院法学研究科教授)、山岸哲也氏(公認会計士)などが名を連ねている。

提供元:21C・TFフォーラム(株式会社タックス・コム)

この記事のカテゴリ

関連リンク

日税連が税理士試験の見直しを説明したリーフレット作成

税務・会計に関する情報を毎週無料でお届けしています!

メルマガ登録はこちら

 

月間ニュースランキング

7月1日更新

税ニュース
/news/tax/2022/img/img_zei_01_s.jpg
 経済産業省はこのほど、「最低税率課税制度及び外国子会社合算税制のあり方に関する研究会」を設置し、その内容をホームページで公表した。 人口や国内市場が縮小する中、日本の「投資立国」化が急速に進行しており、日本企業が海外成長市場で獲得した収益は日本経済全体にとって非常に重要となってきている。他方、経済のデジタル化が加速する中、日本企業は諸外国企業との激化する競争に直面。価格競争力や商品開発力に課題があるとも指摘されており、これらの課題克服に向けて、税制面からも、日本企業と諸外国企業との公正な競争条件を確保し、円滑な海外事業活動を支えていくことが必要とされている。 こうした実情を背景に設置された同研究会では今後、2021年10月に国際合意された最低税率課税制度(ピラー2)について、米国、英国、EU等での検討が行われている状況も踏まえつつ、1)我が国における円滑な最低税率課税制度導入に向けた今後の論点の確認、2)最低税率課税制度とCFC税制との関係整理、CFC税制の簡素化のあり方、などについて議論していくこととしている。 同研究会は、6月17日に第1回会合を開催。以降、2回程度開催し、今夏を目途に、一定のとりまとめを行う予定。委員には座長の田近栄治氏(一橋大学名誉教授)の他、太田洋氏(弁護士)、岡村忠生氏(京都大学大学院法学研究科教授)、山岸哲也氏(公認会計士)などが名を連ねている。提供元:21C・TFフォーラム(株式会社タックス・コム)
2022.06.22 16:39:01