HOME ニュース一覧 自動車保有者の3割が自動車税等を最も精神的負担と感じる

税ニュース

自動車保有者の3割が自動車税等を最も精神的負担と感じる

 自動車・軽自動車の保有者が、自家用車にかかる費用で最も“精神的に負担”と感じているのは「自動車税・軽自動車税」であることが、日本トレンドリサーチの『車にかかる税金に関するアンケート調査』でわかった。調査は、自家用車を自身で所有している男女750人を対象に5月22~29日に行われたもの。

 アンケート結果をみると、自家用車にかかる費用のうち自身で支払っているもの(複数回答)については、「ガソリン代」が89.6%で最も多く、以下主なものは「自動車税・軽自動車税」88.8%、「自賠責保険」86.3%、「任意保険」83.5%、「重量税」76.1%で、「いずれも支払ってない」との回答は2.9%だった。

 そして、実際の金銭的負担ではなく支払うことに気乗りしない、最も“精神的に負担”だと感じるものでは、毎年4月1日の時点での車検証上の所有者に対し課せられる「自動車税・軽自動車税」が最も高い29.3%となっており、「整備・メンテナンス費」の23.8%などを大きく引き離している。その理由を聞くと、“車体とは直接関係ない経費だから。何に使われているのか疑問だから”、“必要な物なのに、所有しているだけで金を取られるから”、“所有年数が長くなると税金が上がることに納得できない”などが挙げている。

 なお、自動車税・軽自動車税の支払いに関しては、半数以上の50.8%が「コンビニエンスストアの店頭」で支払っており、その他では郵便局やJA、市役所などの回答が寄せられている。

『車にかかる税金に関するアンケート調査』について

提供元:21C・TFフォーラム(株式会社タックス・コム)

この記事のカテゴリ

関連リンク

個人事業税の賦課決定処分に国賠法上の違法性はないと判示

税務・会計に関する情報を毎週無料でお届けしています!

メルマガ登録はこちら

 

月間ニュースランキング

7月1日更新

税ニュース
/news/tax/2022/img/img_shisan_01_s.jpg
 自動車・軽自動車の保有者が、自家用車にかかる費用で最も“精神的に負担”と感じているのは「自動車税・軽自動車税」であることが、日本トレンドリサーチの『車にかかる税金に関するアンケート調査』でわかった。調査は、自家用車を自身で所有している男女750人を対象に5月22~29日に行われたもの。 アンケート結果をみると、自家用車にかかる費用のうち自身で支払っているもの(複数回答)については、「ガソリン代」が89.6%で最も多く、以下主なものは「自動車税・軽自動車税」88.8%、「自賠責保険」86.3%、「任意保険」83.5%、「重量税」76.1%で、「いずれも支払ってない」との回答は2.9%だった。 そして、実際の金銭的負担ではなく支払うことに気乗りしない、最も“精神的に負担”だと感じるものでは、毎年4月1日の時点での車検証上の所有者に対し課せられる「自動車税・軽自動車税」が最も高い29.3%となっており、「整備・メンテナンス費」の23.8%などを大きく引き離している。その理由を聞くと、“車体とは直接関係ない経費だから。何に使われているのか疑問だから”、“必要な物なのに、所有しているだけで金を取られるから”、“所有年数が長くなると税金が上がることに納得できない”などが挙げている。 なお、自動車税・軽自動車税の支払いに関しては、半数以上の50.8%が「コンビニエンスストアの店頭」で支払っており、その他では郵便局やJA、市役所などの回答が寄せられている。
2022.06.07 17:28:00