HOME ニュース一覧 国税専門官採用試験の女性申込者割合が過去最高に

税ニュース

国税専門官採用試験の女性申込者割合が過去最高に

 人事院が5月13日に公表した大学卒業程度を対象とする2022年度国家公務員採用試験(専門職)の申込状況によると、国税専門官採用試験の申込者数1万4867人のうち女性の申込者数は6168人で、申込者に占める女性の割合は41.5%となり、前年度の40.8%を上回り8年連続で過去最高を更新した。

 8種ある大卒程度対象の専門職試験のうち、最も女性申込者の割合が高かったのが食品衛生監視員の55.5%で、最も低かったのが海上保安官の16.4%だったが、全体的に女性の割合が増加しており、専門職全体に占める女性の割合は40.7%で、初めて4割を超え、過去最高となっている。

 国税専門官採用試験の第1次試験日は6月5日で合格者発表は6月28日、第2次試験日は7月4日~15日の指定する日で最終合格者発表は8月16日。採用内定は10月以降。採用予定数は1400人。

 国税専門官採用試験による採用が始まったのは昭和45年(1970年)で、女性の受験が可能となったのは昭和55年(1980年)から。採用者に占める女性の割合は申込者に占める女性の割合に比べ低かったが、近年では、意欲ある有為な女性の採用に努めるとの方針もあり、2015試験年度(申込者割合32.6%、採用者割合36.0%)や2020試験年度(申込者割合39.1%、採用者割合38.8%)のように、逆転や近接する年も出てきている。

2022年度国家公務員採用一般職試験及び専門職試験の申込状況について

提供元:21C・TFフォーラム(株式会社タックス・コム)

この記事のカテゴリ

関連リンク

チャットボットでのインボイス制度相談スタート

税務・会計に関する情報を毎週無料でお届けしています!

メルマガ登録はこちら

 

月間ニュースランキング

7月1日更新

税ニュース
/news/tax/2022/img/img_kokuzei_01_s.jpg
 人事院が5月13日に公表した大学卒業程度を対象とする2022年度国家公務員採用試験(専門職)の申込状況によると、国税専門官採用試験の申込者数1万4867人のうち女性の申込者数は6168人で、申込者に占める女性の割合は41.5%となり、前年度の40.8%を上回り8年連続で過去最高を更新した。 8種ある大卒程度対象の専門職試験のうち、最も女性申込者の割合が高かったのが食品衛生監視員の55.5%で、最も低かったのが海上保安官の16.4%だったが、全体的に女性の割合が増加しており、専門職全体に占める女性の割合は40.7%で、初めて4割を超え、過去最高となっている。 国税専門官採用試験の第1次試験日は6月5日で合格者発表は6月28日、第2次試験日は7月4日~15日の指定する日で最終合格者発表は8月16日。採用内定は10月以降。採用予定数は1400人。 国税専門官採用試験による採用が始まったのは昭和45年(1970年)で、女性の受験が可能となったのは昭和55年(1980年)から。採用者に占める女性の割合は申込者に占める女性の割合に比べ低かったが、近年では、意欲ある有為な女性の採用に努めるとの方針もあり、2015試験年度(申込者割合32.6%、採用者割合36.0%)や2020試験年度(申込者割合39.1%、採用者割合38.8%)のように、逆転や近接する年も出てきている。
2022.05.19 17:03:43