HOME ニュース一覧 インボイス見据えたIT導入補助金がスタート

税ニュース

インボイス見据えたIT導入補助金がスタート

 IT導入補助金の対象に、パソコン等のハードウエアの導入費用も含めることにした2022年補助金の交付申請が、3月31日からスタートしている。

 IT導入補助金は、中小企業や小規模事業者が、業務の効率化・売上アップといった経営力の向上・強化を図ることを目的に、自社のニーズにあったITツール(ソフトウェアやクラウド)を導入した場合に、導入経費の一部を国が補助する制度。これまでの通常枠に加え、令和3年度補正予算でデジタル化基盤導入枠(デジタル化基盤導入類型及び複数社連携IT導入類型)が追加された。

 デジタル化基盤導入類型では、令和5年10月開始の消費税の仕入税額控除方式であるインボイス(適格請求書)制度への対応を見据えた企業間取引のデジタル化を推進するため、補助対象となるソフトウェアを、会計ソフト・受発注ソフト・決済ソフト・ECソフトの導入費用に特化し補助率を引き上げるとともに、パソコン・タブレット・プリンター・スキャナー等やレジ・券売機等のハードウエア導入費用も新たに補助対象とした。

 パソコン・タブレット等の補助上限額は10万円、レジ・券売機等の補助上限額は20万円で、ともに補助率は2分の1。また、クラウド利用経費については、通常枠が利用料の1年分であるのに対し最大2年分の利用料を補助する。補助金を受けるには、IT導入補助金事務局に登録されたベンダー等のIT支援事業者とITツールの中から希望するものを選び、支援事業者の支援のもと、事務局に交付申請する。

提供元:21C・TFフォーラム(株式会社タックス・コム)

この記事のカテゴリ

関連リンク

沖縄本土復帰50周年で泡盛をPR~国税庁

税務・会計に関する情報を毎週無料でお届けしています!

メルマガ登録はこちら

 

月間ニュースランキング

7月1日更新

税ニュース
/news/tax/2022/img/img_kaikei_01_s.jpg
 IT導入補助金の対象に、パソコン等のハードウエアの導入費用も含めることにした2022年補助金の交付申請が、3月31日からスタートしている。 IT導入補助金は、中小企業や小規模事業者が、業務の効率化・売上アップといった経営力の向上・強化を図ることを目的に、自社のニーズにあったITツール(ソフトウェアやクラウド)を導入した場合に、導入経費の一部を国が補助する制度。これまでの通常枠に加え、令和3年度補正予算でデジタル化基盤導入枠(デジタル化基盤導入類型及び複数社連携IT導入類型)が追加された。 デジタル化基盤導入類型では、令和5年10月開始の消費税の仕入税額控除方式であるインボイス(適格請求書)制度への対応を見据えた企業間取引のデジタル化を推進するため、補助対象となるソフトウェアを、会計ソフト・受発注ソフト・決済ソフト・ECソフトの導入費用に特化し補助率を引き上げるとともに、パソコン・タブレット・プリンター・スキャナー等やレジ・券売機等のハードウエア導入費用も新たに補助対象とした。 パソコン・タブレット等の補助上限額は10万円、レジ・券売機等の補助上限額は20万円で、ともに補助率は2分の1。また、クラウド利用経費については、通常枠が利用料の1年分であるのに対し最大2年分の利用料を補助する。補助金を受けるには、IT導入補助金事務局に登録されたベンダー等のIT支援事業者とITツールの中から希望するものを選び、支援事業者の支援のもと、事務局に交付申請する。提供元:21C・TFフォーラム(株式会社タックス・コム)
2022.04.14 16:55:45