HOME ニュース一覧 年末調整の過不足額の精算をお忘れなく!!

税ニュース

年末調整の過不足額の精算をお忘れなく!!

 給与の支払者は、年末調整で算出された1年間に納めるべき所得税及び復興特別所得税の額(「年調年税額」)の計算が終了した後、1年間に源泉徴収をした所得税及び復興特別所得税の合計額と年調年税額とを比べて過不足額の精算をする。まず過納額の還付について、給与の支払者は、源泉徴収をした所得税等の合計額が年調年税額よりも多い場合には、その差額の税額を役員又は使用人の各人ごとに還付する。

 その方法は、1)年末調整を行った月分として納付する「給与、退職所得及び弁護士、司法書士、税理士等に支払われた報酬・料金に対する源泉徴収税額」のうちから差し引き、過納となった人に還付する。2)年末調整を行った月分の徴収税額だけでは還付しきれないときは、その後に納付する「給与、退職所得及び弁護士、司法書士、税理士等に支払われた報酬・料金に対する源泉徴収税額」から差し引き順次還付する。

 しかし、イ.解散、廃業などにより給与の支払者でなくなったため、還付することができなくなった場合、ロ.徴収して納付する税額がなくなったため、過納額の還付ができなくなった場合などには、「源泉所得税及び復興特別所得税の年末調整過納額還付請求書兼残存過納額明細書」を作成し、必要書類を添付して給与の支払者の所轄税務署長に提出し、税務署から還付を受けることになる。

 ハ.納付する源泉徴収税額に比べて過納額が多額であるため、還付することとなった日の翌月から2ヵ月を経過しても還付しきれないと見込まれる場合も同様だ。イ.からハ.までのいずれかに該当する場合には、上記の「年末調整過納額還付請求書兼残存過納額明細書」を作成し、受給者各人の「源泉徴収簿」の写し、過納額の請求及び受領に関する委任状(連記式)などの書類を添付して、給与の支払者の所轄税務署長に提出する。

 次に、不足額の徴収について、給与の支払者は、源泉徴収をした所得税等の合計額が年調年税額よりも少ない場合には、その差額の税額を年末調整をする月分の給与から徴収し、なお不足額が残る時は、その後に支払う給与から順次徴収する。年末調整をする月分の給与から不足額を徴収すると、その月の税引手取給与が、その年1月から年末調整を行った月の前月までの税引手取給与の平均月額の70パーセント未満となるようなケースがある。

 このような場合には、「年末調整による不足額徴収繰延承認申請書」を、その年最後に給与等の支払を受ける日の前日までに、所轄税務署長に提出し、承認を受けて、不足額を翌年1月と2月に繰り延べて徴収ができる。年末調整をする月分の給与(賞与)に対する通常の税額については、徴収繰延べは認められないので、徴収繰延べを受けようとする人は、年末調整をする月分の給与(賞与)についても通常の税額計算をし、算出税額を徴収する。

提供元:21C・TFフォーラム(株式会社タックス・コム)

この記事のカテゴリ

関連リンク

12月14日までに登記等をしない休眠会社は、みなし解散に

税務・会計に関する情報を毎週無料でお届けしています!

メルマガ登録はこちら

 

月間ニュースランキング

8月1日更新

税ニュース
/news/tax/2021/img/img_shotoku_01_s.jpg
 給与の支払者は、年末調整で算出された1年間に納めるべき所得税及び復興特別所得税の額(「年調年税額」)の計算が終了した後、1年間に源泉徴収をした所得税及び復興特別所得税の合計額と年調年税額とを比べて過不足額の精算をする。まず過納額の還付について、給与の支払者は、源泉徴収をした所得税等の合計額が年調年税額よりも多い場合には、その差額の税額を役員又は使用人の各人ごとに還付する。 その方法は、1)年末調整を行った月分として納付する「給与、退職所得及び弁護士、司法書士、税理士等に支払われた報酬・料金に対する源泉徴収税額」のうちから差し引き、過納となった人に還付する。2)年末調整を行った月分の徴収税額だけでは還付しきれないときは、その後に納付する「給与、退職所得及び弁護士、司法書士、税理士等に支払われた報酬・料金に対する源泉徴収税額」から差し引き順次還付する。 しかし、イ.解散、廃業などにより給与の支払者でなくなったため、還付することができなくなった場合、ロ.徴収して納付する税額がなくなったため、過納額の還付ができなくなった場合などには、「源泉所得税及び復興特別所得税の年末調整過納額還付請求書兼残存過納額明細書」を作成し、必要書類を添付して給与の支払者の所轄税務署長に提出し、税務署から還付を受けることになる。 ハ.納付する源泉徴収税額に比べて過納額が多額であるため、還付することとなった日の翌月から2ヵ月を経過しても還付しきれないと見込まれる場合も同様だ。イ.からハ.までのいずれかに該当する場合には、上記の「年末調整過納額還付請求書兼残存過納額明細書」を作成し、受給者各人の「源泉徴収簿」の写し、過納額の請求及び受領に関する委任状(連記式)などの書類を添付して、給与の支払者の所轄税務署長に提出する。 次に、不足額の徴収について、給与の支払者は、源泉徴収をした所得税等の合計額が年調年税額よりも少ない場合には、その差額の税額を年末調整をする月分の給与から徴収し、なお不足額が残る時は、その後に支払う給与から順次徴収する。年末調整をする月分の給与から不足額を徴収すると、その月の税引手取給与が、その年1月から年末調整を行った月の前月までの税引手取給与の平均月額の70パーセント未満となるようなケースがある。 このような場合には、「年末調整による不足額徴収繰延承認申請書」を、その年最後に給与等の支払を受ける日の前日までに、所轄税務署長に提出し、承認を受けて、不足額を翌年1月と2月に繰り延べて徴収ができる。年末調整をする月分の給与(賞与)に対する通常の税額については、徴収繰延べは認められないので、徴収繰延べを受けようとする人は、年末調整をする月分の給与(賞与)についても通常の税額計算をし、算出税額を徴収する。提供元:21C・TFフォーラム(株式会社タックス・コム)
2021.10.29 16:29:49