HOME ニュース一覧 マイナンバーカード方式の利用開始延期も?

税ニュース

マイナンバーカード方式の利用開始延期も?

 確定申告シーズンを目前に控え、国税庁が「マイナンバーカード方式」利用開始の延期の可能性をホームページ上で公表している。マイナンバーカード方式とは、マイナンバーカード対応のスマートフォン、または、マイナンバーカードとICカードリーダライタを利用してe-Taxを行う方法のこと。

 e-Tax送信をする際に、マイナンバーカードを利用することで、e-Taxの利用者識別番号と暗証番号の入力が不要になるほか、e-Taxを利用する際の事前準備として必要だった電子証明書の登録が不要になる。

 国税庁ホームページの令和元年分の確定申告書等作成コーナーでは、令和2年1月31日から、スマートフォンやMicrosoft Edgeからマイナンバーカード方式のサービスが開始となる予定だが、iPhone利用者が確定申告書等作成コーナーを利用してマイナンバーカード方式でe-Taxを行うためのアプリについては、現在、Apple社に登録申請手続き中で、状況によってはサービス開始が延期になる可能性もあるという。

 なお、iPhone利用でも、ID・パスワード方式でe-Taxを行う場合や書面で申告書を作成する場合は、 引き続き確定申告書等作成コーナーを利用できる。

 令和元年分の所得税の確定申告書作成コーナーは、2ヵ所以上の給与所得がある人、年金収入や副業等の雑所得がある人など、スマホ専用画面を利用できる人の範囲が広がり使い勝手が良くなった。ただし、スマホ専用画面が利用できるのは令和元年分のみなので注意が必要だ。

提供元:21C・TFフォーラム(株式会社タックス・コム)

この記事のカテゴリ

関連リンク

元従業員の横領行為を法人の行為とは同視できないと判断、取消し

税務・会計に関する情報を毎週無料でお届けしています!

メルマガ登録はこちら

 

週間ニュースランキング

2月6日更新

税ニュース
/news/tax/2020/img/img_shotoku_01_s.jpg
 確定申告シーズンを目前に控え、国税庁が「マイナンバーカード方式」利用開始の延期の可能性をホームページ上で公表している。マイナンバーカード方式とは、マイナンバーカード対応のスマートフォン、または、マイナンバーカードとICカードリーダライタを利用してe-Taxを行う方法のこと。 e-Tax送信をする際に、マイナンバーカードを利用することで、e-Taxの利用者識別番号と暗証番号の入力が不要になるほか、e-Taxを利用する際の事前準備として必要だった電子証明書の登録が不要になる。 国税庁ホームページの令和元年分の確定申告書等作成コーナーでは、令和2年1月31日から、スマートフォンやMicrosoft Edgeからマイナンバーカード方式のサービスが開始となる予定だが、iPhone利用者が確定申告書等作成コーナーを利用してマイナンバーカード方式でe-Taxを行うためのアプリについては、現在、Apple社に登録申請手続き中で、状況によってはサービス開始が延期になる可能性もあるという。 なお、iPhone利用でも、ID・パスワード方式でe-Taxを行う場合や書面で申告書を作成する場合は、 引き続き確定申告書等作成コーナーを利用できる。 令和元年分の所得税の確定申告書作成コーナーは、2ヵ所以上の給与所得がある人、年金収入や副業等の雑所得がある人など、スマホ専用画面を利用できる人の範囲が広がり使い勝手が良くなった。ただし、スマホ専用画面が利用できるのは令和元年分のみなので注意が必要だ。提供元:21C・TFフォーラム(株式会社タックス・コム)
2020.01.29 16:59:19