HOME ニュース一覧 「法人設立ワンストップサービス」がスタート!

税ニュース

「法人設立ワンストップサービス」がスタート!

 法人設立ワンストップサービスが開始した。法人設立ワンストップサービスとは、面倒な会社設立手続きを一度で行えるサービスのこと。これまで法人を設立する際には、設立届出書の提出をはじめとする複数の各種手続きを、税務署や年金事務所などの行政機関毎にそれぞれ個別に行う必要があった。

 法人設立ワンストップサービスでは、マイナポータルという一つのオンラインサービスを利用して、これらの一連の手続きを一度で行うことができる。すべてオンラインでできるので行政機関に出向く必要がないほか、24時間365日いつでも手続きできるのも大きなメリットだ。

 同サービスで行える手続きは、法人設立届出のほか、青色申告の承認申請、消費税課税事業者選択届出、給与支払事務所等の開設・移転・廃止届出、電子申告・納税等開始届出など国税・地方税に関する届出等。また、年金事務所やハローワークといった雇用に関する届出など法人設立後に必要な行政手続きも行える。

 法人設立ワンストップサービスでは、「かんたん問診」の質問事項に答えていくことで、利用者に必要な手続きが表示されるので大変便利だ。なお、同サービスを利用するにあたっては、法人代表者のマイナンバーカードや、マイナンバーカード対応のスマートフォンまたはパソコン、ICカードリーダライタ(パソコンを利用する場合)が必要になる。

 同サービスは1月20 日(月)からスタートしている。定款認証・設立登記の手続きについては令和3年2月から利用可能となる予定だ。

法人設立ワンストップサービスについて

提供元:21C・TFフォーラム(株式会社タックス・コム)



この記事のカテゴリ

関連リンク

国税庁がチャットボットの試験導入を3月31日まで実施中

税務・会計に関する情報を毎週無料でお届けしています!

メルマガ登録はこちら

 

週間ニュースランキング

2月6日更新

税ニュース
/news/tax/2020/img/img_kokuzei_02_s.jpg
 法人設立ワンストップサービスが開始した。法人設立ワンストップサービスとは、面倒な会社設立手続きを一度で行えるサービスのこと。これまで法人を設立する際には、設立届出書の提出をはじめとする複数の各種手続きを、税務署や年金事務所などの行政機関毎にそれぞれ個別に行う必要があった。 法人設立ワンストップサービスでは、マイナポータルという一つのオンラインサービスを利用して、これらの一連の手続きを一度で行うことができる。すべてオンラインでできるので行政機関に出向く必要がないほか、24時間365日いつでも手続きできるのも大きなメリットだ。 同サービスで行える手続きは、法人設立届出のほか、青色申告の承認申請、消費税課税事業者選択届出、給与支払事務所等の開設・移転・廃止届出、電子申告・納税等開始届出など国税・地方税に関する届出等。また、年金事務所やハローワークといった雇用に関する届出など法人設立後に必要な行政手続きも行える。 法人設立ワンストップサービスでは、「かんたん問診」の質問事項に答えていくことで、利用者に必要な手続きが表示されるので大変便利だ。なお、同サービスを利用するにあたっては、法人代表者のマイナンバーカードや、マイナンバーカード対応のスマートフォンまたはパソコン、ICカードリーダライタ(パソコンを利用する場合)が必要になる。 同サービスは1月20 日(月)からスタートしている。定款認証・設立登記の手続きについては令和3年2月から利用可能となる予定だ。
2020.01.22 16:10:03