HOME ニュース一覧 国税庁も除外対象機関となった特定秘密保護法

税ニュース

国税庁も除外対象機関となった特定秘密保護法

 政府は12月10日、特定秘密保護法の政令を改正し、特定秘密を取り扱える行政機関から国税庁や中小企業庁、特許庁、検察庁、会計検査院等の機関を除外することを閣議決定した。同日に改正政令が公布され翌11日から施行されている。

 特定秘密とは、防衛・外交・特定有害活動(スパイ行為等)の防止・テロリズムの防止に関するものとして法律に規定された事項であって、公になっていないもののうち、その漏えいが我が国の安全保障に著しい支障を与える恐れがあるため、特に秘匿することが必要であるもの。行政機関の長が特定秘密を指定する。

 特定秘密保護法は平成26年12月10日に施行されているが、同法の附則では、法律の施行後5年間に特定秘密を保有したことがない機関として政令で定められた機関については、5年経過日の翌日以後は法律の対象とする行政機関から除外する規定を設けている。特定秘密を指定する行政機関を限定することにより、特定秘密の恣意的な指定を防止することが目的で、政令改正は、これを受けての見直し。

 除外された行政機関の中には、地球温暖化対策推進本部やギャンブル等依存症対策推進本部など、安全保障に関連するのか名称を聞いただけではわからないものもあった。

提供元:21C・TFフォーラム(株式会社タックス・コム)

この記事のカテゴリ

関連リンク

東京オリンピック記念貨幣いよいよ最終発行

税務・会計に関する情報を毎週無料でお届けしています!

メルマガ登録はこちら

 

週間ニュースランキング

2月6日更新

税ニュース
/news/tax/2019/img/img_kokuzei_02_s.jpg
 政府は12月10日、特定秘密保護法の政令を改正し、特定秘密を取り扱える行政機関から国税庁や中小企業庁、特許庁、検察庁、会計検査院等の機関を除外することを閣議決定した。同日に改正政令が公布され翌11日から施行されている。 特定秘密とは、防衛・外交・特定有害活動(スパイ行為等)の防止・テロリズムの防止に関するものとして法律に規定された事項であって、公になっていないもののうち、その漏えいが我が国の安全保障に著しい支障を与える恐れがあるため、特に秘匿することが必要であるもの。行政機関の長が特定秘密を指定する。 特定秘密保護法は平成26年12月10日に施行されているが、同法の附則では、法律の施行後5年間に特定秘密を保有したことがない機関として政令で定められた機関については、5年経過日の翌日以後は法律の対象とする行政機関から除外する規定を設けている。特定秘密を指定する行政機関を限定することにより、特定秘密の恣意的な指定を防止することが目的で、政令改正は、これを受けての見直し。 除外された行政機関の中には、地球温暖化対策推進本部やギャンブル等依存症対策推進本部など、安全保障に関連するのか名称を聞いただけではわからないものもあった。提供元:21C・TFフォーラム(株式会社タックス・コム)
2019.12.12 16:46:38