HOME ニュース一覧 11月1日現在のポイント還元制度登録加盟店は約64万店に拡大

税ニュース

11月1日現在のポイント還元制度登録加盟店は約64万店に拡大

 10月の消費税率引上げに伴い実施されているキャッシュレス・消費者還元事業(ポイント還元制度)も1ヵ月を経過したが、経済産業省はこのほど加盟店等の登録状況等を明らかにした。

 ポイント還元制度は、本年10月から来年6月までの9ヵ月間、消費者が中小店等で購入した商品等の代金をクレジットカードや電子マネー、QRコードなどのキャッシュレス決済手段により支払う場合に5%(フランチャイズチェーンの場合は2%)が消費者に還元される制度。中小事業者には、加盟店手数料や端末の導入費用の支援が受けられる。

 経産省によると、10月31日時点の登録申請数は92万535店。登録加盟店数は11月1日時点で63万8175店に達しており、今月11日には約73万店まで拡大する見込みだ。一方、この1ヵ月間の状況を反映し、11月1日から登録加盟店公表の詳細化、地図アプリの機能改善やポスター等の広報キットの運用変更等が行われている。

 具体的には、加盟店の登録状況について、これまでの登録申請数(都道府県別)や登録加盟店数(都道府県別・市町村別)に加え、事業所名、業種(カテゴリー)、還元率を記載した登録加盟店一覧(都道府県別)を追加し、地図アプリでは絞込み検索機能が導入された。

 また、ポスターなどの店頭用広報キットについても、従来よりも軽量の広報キットを各店舗に郵送するほか、11月以降の店頭キットの内容物や店舗店頭で消費者からよく聞かれる質問への回答例などをまとめた資料を事業ホームページに掲載している。

キャッシュレス・ポイント還元事業について

提供元:21C・TFフォーラム(株式会社タックス・コム)

この記事のカテゴリ

関連リンク

マイナンバーは憲法が保障する人格権を侵害しないと判示

税務・会計に関する情報を毎週無料でお届けしています!

メルマガ登録はこちら

 

週間ニュースランキング

2月19日更新

税ニュース
/news/tax/2019/img/img_kokuzei_01_s.jpg
 10月の消費税率引上げに伴い実施されているキャッシュレス・消費者還元事業(ポイント還元制度)も1ヵ月を経過したが、経済産業省はこのほど加盟店等の登録状況等を明らかにした。 ポイント還元制度は、本年10月から来年6月までの9ヵ月間、消費者が中小店等で購入した商品等の代金をクレジットカードや電子マネー、QRコードなどのキャッシュレス決済手段により支払う場合に5%(フランチャイズチェーンの場合は2%)が消費者に還元される制度。中小事業者には、加盟店手数料や端末の導入費用の支援が受けられる。 経産省によると、10月31日時点の登録申請数は92万535店。登録加盟店数は11月1日時点で63万8175店に達しており、今月11日には約73万店まで拡大する見込みだ。一方、この1ヵ月間の状況を反映し、11月1日から登録加盟店公表の詳細化、地図アプリの機能改善やポスター等の広報キットの運用変更等が行われている。 具体的には、加盟店の登録状況について、これまでの登録申請数(都道府県別)や登録加盟店数(都道府県別・市町村別)に加え、事業所名、業種(カテゴリー)、還元率を記載した登録加盟店一覧(都道府県別)を追加し、地図アプリでは絞込み検索機能が導入された。 また、ポスターなどの店頭用広報キットについても、従来よりも軽量の広報キットを各店舗に郵送するほか、11月以降の店頭キットの内容物や店舗店頭で消費者からよく聞かれる質問への回答例などをまとめた資料を事業ホームページに掲載している。
2019.11.06 16:53:11