HOME ニュース一覧 プレミアム付商品券利用可能店舗数が46万店舗に

税ニュース

プレミアム付商品券利用可能店舗数が46万店舗に

 プレミアム付商品券の利用可能店舗数が9月13日時点で約46万店舗にのぼっていることがわかった。西村康稔経済再生担当大臣が9月24日に明らかにした。

 プレミアム付商品券は、本年10月からの消費税率10%への引上げに伴い、約2450万人の住民税非課税世帯・子育て世帯を対象に家計の負担緩和のため、全国の市区町村が発行する商品券。 

 対象者は、市区町村にプレミアム付商品券購入引換券交付申請書の提出後(子育て世帯は申請不要)、自宅に届けられた引換券を市区町村が指定する窓口で示すと、一人当たり最大2万5千円分の商品券を2万円で購入できる(5千円分の商品券を4千円で、最大5回に分けて購入可能)。商品券が利用できるのは、本年10月1日から来年3月末までの6ヵ月間。

 商品券の利用可能店舗は、各市区町村で公表しており、内閣府ホームページの各市区町村情報からも市区町村にリンクすることで確認できる。この市区町村情報では、利用可能店舗の他、市区町村により異なる商品券の申請期間等も確認でき、購入対象者に対しては、申請受付・商品券購入・商品券使用のそれぞれの開始日と終了日が、事業者に対しては、プレミアム付商品券取扱事業者受付期間の開始日と終了日が掲載されている。

提供元:21C・TFフォーラム(株式会社タックス・コム)

この記事のカテゴリ

関連リンク

便利なコンビニ納付、メンテナンス期間に注意

税務・会計に関する情報を毎週無料でお届けしています!

メルマガ登録はこちら

 

週間ニュースランキング

3月31日更新

税ニュース
/news/tax/2019/img/img_news_01_s.jpg
 プレミアム付商品券の利用可能店舗数が9月13日時点で約46万店舗にのぼっていることがわかった。西村康稔経済再生担当大臣が9月24日に明らかにした。 プレミアム付商品券は、本年10月からの消費税率10%への引上げに伴い、約2450万人の住民税非課税世帯・子育て世帯を対象に家計の負担緩和のため、全国の市区町村が発行する商品券。  対象者は、市区町村にプレミアム付商品券購入引換券交付申請書の提出後(子育て世帯は申請不要)、自宅に届けられた引換券を市区町村が指定する窓口で示すと、一人当たり最大2万5千円分の商品券を2万円で購入できる(5千円分の商品券を4千円で、最大5回に分けて購入可能)。商品券が利用できるのは、本年10月1日から来年3月末までの6ヵ月間。 商品券の利用可能店舗は、各市区町村で公表しており、内閣府ホームページの各市区町村情報からも市区町村にリンクすることで確認できる。この市区町村情報では、利用可能店舗の他、市区町村により異なる商品券の申請期間等も確認でき、購入対象者に対しては、申請受付・商品券購入・商品券使用のそれぞれの開始日と終了日が、事業者に対しては、プレミアム付商品券取扱事業者受付期間の開始日と終了日が掲載されている。提供元:21C・TFフォーラム(株式会社タックス・コム)
2019.09.26 16:10:50