HOME ニュース一覧 人事院が2019年度経験者採用試験の申込状況を公表

税ニュース

人事院が2019年度経験者採用試験の申込状況を公表

 人事院が9月11日に公表した2019年度経験者採用試験の申込状況によると、国税庁経験者採用試験(国税調査官級)の申込者数は前年度に比べ89人減の1198人だったが、うち女性は2人増の233人で女性の申込割合は19.4%(前年度17.9%)に増えた。

 民間企業等での一定の実務経験者を国家公務員として採用するための経験者採用試験を実施している省庁は7つあり、国税庁以外の申込者数をみると、外務省174人、観光庁143人、国土交通省96人、気象庁76人、農林水産省61人、総務省48人となっており、国税庁に比べると桁違いに少ないが、これは採用予定数の違いのため。

 220人の採用を予定している国税庁に対して、外務省25人、気象庁20人、総務省10人、国土交通省8人で、農林水産省と観光庁にいたっては3人しか採用しない。逆に言えば国税庁の採用予定数が突出して多い。国税庁は、年代別職員構成で少ない30歳代の職員を増やすため2016年度から200人程度の大量採用をしているからだ。

 採用試験は、第1次試験が9月29日(合格発表10月24日)に、第2次試験が11月2~4日、9日又は10日で指定する1日(合格発表11月27日)に、第3次試験が12月上旬で指定する1日に実施され、最終合格者は12月25日に発表される。

2019年度国家公務員採用総合職試験(大卒程度試験)教養区分、 経験者採用試験の申込状況について

提供元:21C・TFフォーラム(株式会社タックス・コム)

この記事のカテゴリ

関連リンク

申告書等閲覧サービス、スマホ撮影OKに

税務・会計に関する情報を毎週無料でお届けしています!

メルマガ登録はこちら

 

週間ニュースランキング

2月19日更新

税ニュース
/news/tax/2019/img/img_kokuzei_02_s.jpg
 人事院が9月11日に公表した2019年度経験者採用試験の申込状況によると、国税庁経験者採用試験(国税調査官級)の申込者数は前年度に比べ89人減の1198人だったが、うち女性は2人増の233人で女性の申込割合は19.4%(前年度17.9%)に増えた。 民間企業等での一定の実務経験者を国家公務員として採用するための経験者採用試験を実施している省庁は7つあり、国税庁以外の申込者数をみると、外務省174人、観光庁143人、国土交通省96人、気象庁76人、農林水産省61人、総務省48人となっており、国税庁に比べると桁違いに少ないが、これは採用予定数の違いのため。 220人の採用を予定している国税庁に対して、外務省25人、気象庁20人、総務省10人、国土交通省8人で、農林水産省と観光庁にいたっては3人しか採用しない。逆に言えば国税庁の採用予定数が突出して多い。国税庁は、年代別職員構成で少ない30歳代の職員を増やすため2016年度から200人程度の大量採用をしているからだ。 採用試験は、第1次試験が9月29日(合格発表10月24日)に、第2次試験が11月2~4日、9日又は10日で指定する1日(合格発表11月27日)に、第3次試験が12月上旬で指定する1日に実施され、最終合格者は12月25日に発表される。
2019.09.12 16:26:05