HOME ニュース一覧 マイナポイント来年7月から実施

税ニュース

マイナポイント来年7月から実施

 政府は9月3日のデジタル・ガバメント閣僚会議(議長・菅義偉官房長官)で、マイナンバーカードの普及に向け、マイナポイントを活用した消費活性化策や健康保険証としての利用等に取り組む具体的なスケジュール・取組方針を決定した。

 マイナポイント(マイナンバーとは別のIDであるマイキーIDにより管理するポイント)を活用した消費活性化策は、消費税率引上げに伴う需要平準化が目的。マイナンバーカードを取得しマイキーIDを設定した利用者が、「〇〇ペイ」等の民間のキャッシュレス決済手段で一定金額を前払いした場合、前払い分にプレミアム分(国が負担)を加えたポイントが付与される。臨時・特例の措置で、本年10月開始のポイント還元事業終了後の来年7月から実施する。ポイント利用は、店舗での買物のスマホによるQRコード決済やオンラインショップ等での利用が考えられている。

 一方、令和3年3月末から本格運用を開始するマイナンバーカードの健康保険証としての利用は、令和5年3月末までに概ね全ての医療機関等での導入を目指す。

 現状13.9%にとどまっているマイナンバーカードの交付率だが、政府は、消費活性化策や健康保険証としての利用等の取組みにより、令和4年度中にはほとんどの住民がマイナンバーカードを所有することを想定している。

提供元:21C・TFフォーラム(株式会社タックス・コム)

この記事のカテゴリ

関連リンク

老後資産、地方経済に重点 税制改正要望出そろう

税務・会計に関する情報を毎週無料でお届けしています!

メルマガ登録はこちら

 

週間ニュースランキング

3月31日更新

税ニュース
/news/tax/2019/img/img_news_01_s.jpg
 政府は9月3日のデジタル・ガバメント閣僚会議(議長・菅義偉官房長官)で、マイナンバーカードの普及に向け、マイナポイントを活用した消費活性化策や健康保険証としての利用等に取り組む具体的なスケジュール・取組方針を決定した。 マイナポイント(マイナンバーとは別のIDであるマイキーIDにより管理するポイント)を活用した消費活性化策は、消費税率引上げに伴う需要平準化が目的。マイナンバーカードを取得しマイキーIDを設定した利用者が、「〇〇ペイ」等の民間のキャッシュレス決済手段で一定金額を前払いした場合、前払い分にプレミアム分(国が負担)を加えたポイントが付与される。臨時・特例の措置で、本年10月開始のポイント還元事業終了後の来年7月から実施する。ポイント利用は、店舗での買物のスマホによるQRコード決済やオンラインショップ等での利用が考えられている。 一方、令和3年3月末から本格運用を開始するマイナンバーカードの健康保険証としての利用は、令和5年3月末までに概ね全ての医療機関等での導入を目指す。 現状13.9%にとどまっているマイナンバーカードの交付率だが、政府は、消費活性化策や健康保険証としての利用等の取組みにより、令和4年度中にはほとんどの住民がマイナンバーカードを所有することを想定している。提供元:21C・TFフォーラム(株式会社タックス・コム)
2019.09.05 16:09:13