HOME ニュース一覧 国税専門官採用試験合格者数が3年連続過去最高に

税ニュース

国税専門官採用試験合格者数が3年連続過去最高に

 人事院は8月20日、大学卒業程度を対象とする2019年度国税専門官採用試験の合格者(最終合格者)を発表したが、合格者数は過去最高だった前年度に比べ35人増の3514人となり、3年連続で過去最高を更新した。このうち、女性の合格者数は前年度に比べ212人増の1489人で、やはり過去最高だった前年度を上回るとともに、合格者に占める女性の割合も42.4%(前年度36.7%)で過去最高となった。

 申込者総数は1万4238人だったため合格倍率は4.1倍(前年度4.6倍)で、2000年代に入ってからは2015年度の4.0倍に次ぐ低さ。

 合格者は、採用候補者名簿に記載され、この名簿に記載された者の中から採用者が決定される。なお、合格者数は、辞退者数を考慮して決められている。採用予定数は1200人で前年度と同じ。試験年度の翌年度が採用年度となるため、2019年度試験合格者の採用年度は2020年度となる。

 採用内定は10月以降。来年4月の採用後は、税務大学校で約3ヵ月の専門官基礎研修修了後、国専50期として採用局管内税務署の管理運営部門に配属される。

2019年度国家公務員採用試験(専門職試験(大卒程度))の合格者発表について

提供元:21C・TFフォーラム(株式会社タックス・コム)

この記事のカテゴリ

関連リンク

教育資金、結婚・子育て資金贈与特例でQ&A

税務・会計に関する情報を毎週無料でお届けしています!

メルマガ登録はこちら

 

週間ニュースランキング

3月31日更新

税ニュース
/news/tax/2019/img/img_zei_01_s.jpg
 人事院は8月20日、大学卒業程度を対象とする2019年度国税専門官採用試験の合格者(最終合格者)を発表したが、合格者数は過去最高だった前年度に比べ35人増の3514人となり、3年連続で過去最高を更新した。このうち、女性の合格者数は前年度に比べ212人増の1489人で、やはり過去最高だった前年度を上回るとともに、合格者に占める女性の割合も42.4%(前年度36.7%)で過去最高となった。 申込者総数は1万4238人だったため合格倍率は4.1倍(前年度4.6倍)で、2000年代に入ってからは2015年度の4.0倍に次ぐ低さ。 合格者は、採用候補者名簿に記載され、この名簿に記載された者の中から採用者が決定される。なお、合格者数は、辞退者数を考慮して決められている。採用予定数は1200人で前年度と同じ。試験年度の翌年度が採用年度となるため、2019年度試験合格者の採用年度は2020年度となる。 採用内定は10月以降。来年4月の採用後は、税務大学校で約3ヵ月の専門官基礎研修修了後、国専50期として採用局管内税務署の管理運営部門に配属される。
2019.08.22 16:09:17