HOME ニュース一覧 令和2年度税制改正に向け業界団体が「要望」

税ニュース

令和2年度税制改正に向け業界団体が「要望」

 令和2年度税制改正に向け、6月中旬頃から税制改正に対する要望や意見、建議などの公表をする業界団体が出ており、税理士・会計士業界では、日本税理士会連合会、日本公認会計士協会がすでに公表している。

 個人事業主を中心に組織する青色申告会では全国青色申告会総連合が、青色申告を行う個人事業主に勤労所得控除を認めることを最重点にするとともに、e-Taxによる申告等を行う場合に現行10万円の青色申告特別控除を20万円に引き上げることなどを要望。

 全国ハイヤー・タクシー連合会では、自動車重量税が平成21年度に道路特定財源から一般財源化され、すでに課税根拠を失っているので廃止すべきとする他、結婚・子育て資金の一括贈与非課税措置の対象に、業界が推進し24時間365日確実に出産のため病院等に移送できる「妊婦応援タクシー」に係る費用も含めることなどを要望。

 全国建設業協会では、電子契約書が不課税とされていることなどを理由に紙による工事契約に係る印紙税の撤廃を、また、運用・手続き等の改善として、建設現場での仮設現場事務所(特に設置期間が2年以内)については、法人住民税及び事業税の課税対象からの除外を要望している。

 今後、他の業界団体も要望をまとめ公表する。各省庁では、所管する業界の要望を踏まえて、8月末を目途に各省庁の税制改正要望を公表する予定。

提供元:21C・TFフォーラム(株式会社タックス・コム)

この記事のカテゴリ

関連リンク

「食堂の付属設備」も中小企業経営強化税制の対象

税務・会計に関する情報を毎週無料でお届けしています!

メルマガ登録はこちら

 

週間ニュースランキング

3月31日更新

税ニュース
/news/tax/2019/img/img_zeisei_01_s.jpg
 令和2年度税制改正に向け、6月中旬頃から税制改正に対する要望や意見、建議などの公表をする業界団体が出ており、税理士・会計士業界では、日本税理士会連合会、日本公認会計士協会がすでに公表している。 個人事業主を中心に組織する青色申告会では全国青色申告会総連合が、青色申告を行う個人事業主に勤労所得控除を認めることを最重点にするとともに、e-Taxによる申告等を行う場合に現行10万円の青色申告特別控除を20万円に引き上げることなどを要望。 全国ハイヤー・タクシー連合会では、自動車重量税が平成21年度に道路特定財源から一般財源化され、すでに課税根拠を失っているので廃止すべきとする他、結婚・子育て資金の一括贈与非課税措置の対象に、業界が推進し24時間365日確実に出産のため病院等に移送できる「妊婦応援タクシー」に係る費用も含めることなどを要望。 全国建設業協会では、電子契約書が不課税とされていることなどを理由に紙による工事契約に係る印紙税の撤廃を、また、運用・手続き等の改善として、建設現場での仮設現場事務所(特に設置期間が2年以内)については、法人住民税及び事業税の課税対象からの除外を要望している。 今後、他の業界団体も要望をまとめ公表する。各省庁では、所管する業界の要望を踏まえて、8月末を目途に各省庁の税制改正要望を公表する予定。提供元:21C・TFフォーラム(株式会社タックス・コム)
2019.07.18 20:45:09