HOME ニュース一覧 30年度の物納の申請件数は99件、申請金額は324億円

税ニュース

30年度の物納の申請件数は99件、申請金額は324億円

 国税庁の平成30年度相続税物納処理状況等によると、今年3月までの1年間の申請件数は99件(前年度68件)、金額は324億円(同26億円)で、前年度に比べると件数で31件増し、金額は大口事案もあり298億円も大幅に増加したことがわかった。

 物納制度は、相続税について延納によっても金銭で納付することが困難な場合に、納税者の申請によりその納付を困難とする金額を限度に一定の相続財産で納めることができる制度。

 物納申請件数は、相続税の延納適用者に対し物納に切り替えられる特例措置が実施されていた平成6年に1万6066件とピークを迎えた後、それ以降は減少傾向を辿って平成27年度に6年振りに増加。そして27、28年度は増加して140件と100件を超えたが、直近の29年度は68件と半減していた。

 一方、同年度の処理状況をみると、前年度からの処理未済件数を含め75件(同87件)、金額で301億円(同263億円)を処理している。その処理態様は、62.2%に当たる47件(金額280億円)が物納として許可され財務局へ引き渡されたほか、12件(同3億円)が却下、納税者が取り下げたもの等が16件(同17億円)となっている。

 この結果、今年3月末の処理未済は、前年度末と比べて24件増えて58件となり、金額も24億円増加の47億円となった。

 なお、延納の処理状況をみると、申請件数は1289件(前年度1344件)で、その金額は579億円分(同483億円分)となっており、前年度からの未済申請を含めて1257件(同1373件)を処理し、その処理金額が488億円(同446億円)だった。処理の内訳では、69%に当たる890件の延納が認められたものの、47件は却下されている。

提供元:21C・TFフォーラム(株式会社タックス・コム)

この記事のカテゴリ

関連リンク

必要経費該当性の判断基準である必要性要件を欠くと認定、棄却

税務・会計に関する情報を毎週無料でお届けしています!

メルマガ登録はこちら



週間ニュースランキング

7月18日更新

税ニュース
/news/tax/2019/img/img_sozoku_01_s.jpg
 国税庁の平成30年度相続税物納処理状況等によると、今年3月までの1年間の申請件数は99件(前年度68件)、金額は324億円(同26億円)で、前年度に比べると件数で31件増し、金額は大口事案もあり298億円も大幅に増加したことがわかった。 物納制度は、相続税について延納によっても金銭で納付することが困難な場合に、納税者の申請によりその納付を困難とする金額を限度に一定の相続財産で納めることができる制度。 物納申請件数は、相続税の延納適用者に対し物納に切り替えられる特例措置が実施されていた平成6年に1万6066件とピークを迎えた後、それ以降は減少傾向を辿って平成27年度に6年振りに増加。そして27、28年度は増加して140件と100件を超えたが、直近の29年度は68件と半減していた。 一方、同年度の処理状況をみると、前年度からの処理未済件数を含め75件(同87件)、金額で301億円(同263億円)を処理している。その処理態様は、62.2%に当たる47件(金額280億円)が物納として許可され財務局へ引き渡されたほか、12件(同3億円)が却下、納税者が取り下げたもの等が16件(同17億円)となっている。 この結果、今年3月末の処理未済は、前年度末と比べて24件増えて58件となり、金額も24億円増加の47億円となった。 なお、延納の処理状況をみると、申請件数は1289件(前年度1344件)で、その金額は579億円分(同483億円分)となっており、前年度からの未済申請を含めて1257件(同1373件)を処理し、その処理金額が488億円(同446億円)だった。処理の内訳では、69%に当たる890件の延納が認められたものの、47件は却下されている。提供元:21C・TFフォーラム(株式会社タックス・コム)
2019.07.09 17:32:46