HOME ニュース一覧 消費税率引上げに伴い地方公共団体の40の手数料を引上げ

税ニュース

消費税率引上げに伴い地方公共団体の40の手数料を引上げ


 消費税率の引上げに伴い、地方公共団体の手数料の標準に関する政令(標準令)に規定する手数料の額の標準を引き上げるため、標準令が改正され5月24日付で公布された。施行は本年10月1日。

 国・地方公共団体等が法令に基づいて行う一定の事務(免許、許可、試験、証明等)に係る役務の提供で、法令に基づいて徴収される手数料は消費税が非課税とされている。標準令に規定する手数料も非課税だが、標準額は同額を徴収する事務に要する人件費、物件費等のコストを積み上げたもので、課税対象である物件費等の部分については、消費税率引上げの影響を考慮する必要があるため標準額を引き上げる。

 改正では、消費税率引上げにより、その積算に増額の影響を受ける手数料のうち、直近の人件費や物件費等の変動を加味した試算を行い、それでもなお現行に比べて増額となる試験や講習会等40件の事務の手数料を引き上げる。

 たとえば、二級建築士又は木造建築士に関して、免許が1万9300円(現行1万9200円)に、試験の実施が1万7900円(現行1万7700円)に引き上げられる。

 地方公共団体は、全国的に統一して定めることが特に必要と認められるものとして政令で定める事務の手数料を徴収する場合、政令で定める金額の手数料を標準として条例を定めなければならない。この標準額を定めた政令が「標準令」。戸籍事務は標準令に定められ住民票事務は定められていない。

提供元:21C・TFフォーラム(株式会社タックス・コム)

この記事のカテゴリ

関連リンク

国税庁、特定美術品についての相続税の納税猶予制度のあらましを公表

税務・会計に関する情報を毎週無料でお届けしています!

メルマガ登録はこちら



週間ニュースランキング

6月19日更新

税ニュース
/news/tax/2019/img/img_news_01_s.jpg
 消費税率の引上げに伴い、地方公共団体の手数料の標準に関する政令(標準令)に規定する手数料の額の標準を引き上げるため、標準令が改正され5月24日付で公布された。施行は本年10月1日。 国・地方公共団体等が法令に基づいて行う一定の事務(免許、許可、試験、証明等)に係る役務の提供で、法令に基づいて徴収される手数料は消費税が非課税とされている。標準令に規定する手数料も非課税だが、標準額は同額を徴収する事務に要する人件費、物件費等のコストを積み上げたもので、課税対象である物件費等の部分については、消費税率引上げの影響を考慮する必要があるため標準額を引き上げる。 改正では、消費税率引上げにより、その積算に増額の影響を受ける手数料のうち、直近の人件費や物件費等の変動を加味した試算を行い、それでもなお現行に比べて増額となる試験や講習会等40件の事務の手数料を引き上げる。 たとえば、二級建築士又は木造建築士に関して、免許が1万9300円(現行1万9200円)に、試験の実施が1万7900円(現行1万7700円)に引き上げられる。 地方公共団体は、全国的に統一して定めることが特に必要と認められるものとして政令で定める事務の手数料を徴収する場合、政令で定める金額の手数料を標準として条例を定めなければならない。この標準額を定めた政令が「標準令」。戸籍事務は標準令に定められ住民票事務は定められていない。提供元:21C・TFフォーラム(株式会社タックス・コム)
2019.05.30 16:20:27