HOME ニュース一覧 必要経費は客観的に見て業務と直接の関係を持つことが必要

税ニュース

必要経費は客観的に見て業務と直接の関係を持つことが必要

所得税 判例

 賃貸駐車場を経営する会社役員が支出した固定資産税、自動車関係費用及び接待交際費が不動産貸付業務の遂行上、必要な支出に当たるか否かの判断が争われた事件で国税不服審判所は、支出した費用が業務と直接の関係を持ち、かつ業務の遂行上必要な支出と認められることが必要であると指摘した上で、自動車関係費用、接待交際費は業務の遂行上必要な支出とは認められないものの、固定資産税は必要な支出であると判断して、原処分の一部を取り消した。

 この事件は、会社役員で賃貸駐車場の不動産貸付業を行う者が、不動産所得の金額の計算上必要経費に算入した自動車関係費、固定資産税及び接待交際費等について、原処分庁が必要経費に算入できない部分があると判断して申告内容を否認、所得税等及び消費税等の更正処分等をしてきたことから、会社役員(審査請求人)側が、原処分庁の調査手続に違法があり、必要経費等の認定にも誤りがあると主張して、原処分の全部取消しを求めて審査請求したという事案である。

 請求人側の主張に対して原処分庁側は、固定資産税等は取引の記録に基づく事業で使用する割合の具体的な根拠を示しておらず、業務の遂行上必要であった部分も明らかにされていないため必要経費算入は認められないと主張して、審査請求の棄却を求めた。

 裁決はまず、自動車関係費用は、取引の記録等に基づき、業務の遂行上直接必要な部分を明らかにしているとはいえず、客観的に見ても自動車が業務に供されていたとは認められないと指摘。また、接待交際費についても、具体的な支出先等の合理的な説明や証拠の提出がなく、業務と直接の関係を持ち、業務の遂行上必要な支出とは認められないと指摘した。

 その結果、自動車関係費用及び接待交際費は、不動産所得の金額の計算上必要経費に算入すべき金額に該当しないとして請求を斥けた。他方、駐車場は家事用ではなく、賃貸専用に使用されていると認定できることから、租税公課は業務の遂行上必要なものであり、必要経費に算入すべき金額に該当すると認定。つまり、必要経費と認められるには、支出した費用が客観的に見て、業務と直接の関係を持ち、かつ業務の遂行上必要な支出であると認められるという判断をしたわけだ。

                      (2018.02.01国税不服審判所裁決)

提供元:21C・TFフォーラム(株式会社タックス・コム)

関連リンク

29事務年度所得税調査での申告漏れ所得は9038億円

税ニュース
/news/tax/2018/img/img_shotoku_01_s.jpg
 賃貸駐車場を経営する会社役員が支出した固定資産税、自動車関係費用及び接待交際費が不動産貸付業務の遂行上、必要な支出に当たるか否かの判断が争われた事件で国税不服審判所は、支出した費用が業務と直接の関係を持ち、かつ業務の遂行上必要な支出と認められることが必要であると指摘した上で、自動車関係費用、接待交際費は業務の遂行上必要な支出とは認められないものの、固定資産税は必要な支出であると判断して、原処分の一部を取り消した。 この事件は、会社役員で賃貸駐車場の不動産貸付業を行う者が、不動産所得の金額の計算上必要経費に算入した自動車関係費、固定資産税及び接待交際費等について、原処分庁が必要経費に算入できない部分があると判断して申告内容を否認、所得税等及び消費税等の更正処分等をしてきたことから、会社役員(審査請求人)側が、原処分庁の調査手続に違法があり、必要経費等の認定にも誤りがあると主張して、原処分の全部取消しを求めて審査請求したという事案である。 請求人側の主張に対して原処分庁側は、固定資産税等は取引の記録に基づく事業で使用する割合の具体的な根拠を示しておらず、業務の遂行上必要であった部分も明らかにされていないため必要経費算入は認められないと主張して、審査請求の棄却を求めた。 裁決はまず、自動車関係費用は、取引の記録等に基づき、業務の遂行上直接必要な部分を明らかにしているとはいえず、客観的に見ても自動車が業務に供されていたとは認められないと指摘。また、接待交際費についても、具体的な支出先等の合理的な説明や証拠の提出がなく、業務と直接の関係を持ち、業務の遂行上必要な支出とは認められないと指摘した。 その結果、自動車関係費用及び接待交際費は、不動産所得の金額の計算上必要経費に算入すべき金額に該当しないとして請求を斥けた。他方、駐車場は家事用ではなく、賃貸専用に使用されていると認定できることから、租税公課は業務の遂行上必要なものであり、必要経費に算入すべき金額に該当すると認定。つまり、必要経費と認められるには、支出した費用が客観的に見て、業務と直接の関係を持ち、かつ業務の遂行上必要な支出であると認められるという判断をしたわけだ。                      (2018.02.01国税不服審判所裁決)提供元:21C・TFフォーラム(株式会社タックス・コム)
2018.12.04 16:21:41