HOME ニュース一覧 29事務年度の法人の申告所得金額が過去最高に

税ニュース

29事務年度の法人の申告所得金額が過去最高に

 国税庁はこのほど、平成29事務年度における法人税等の申告(課税)事績の概要を公表した。それによると、29年度における法人税の申告件数は289万6千件で、申告所得金額の総額は70兆7677億円。申告税額の総額は12兆4730億円。申告所得金額の総額については前年度に比べ7兆2928億円(11.5%)増加し、8年連続の増加となった。申告所得金額の総額は過去最高となっている。

 また、黒字申告割合は対前年比1ポイント増の34.2%で、7年連続の上昇。黒字申告一件当たりの所得金額は対前年比7.1%増の7150万円となった。その一方で、申告欠損金額も増加している。同年度における申告欠損金額は、対前年比15.1%増の13兆7101億円。赤字申告1件当たりの欠損金額は対前年比15.3%増の719万円と増加しており、企業業績の二極化がうかがえる結果となった。

 一方、平成29事務年度における源泉所得税等の税額は対前年比6.5%増の18兆1517億円で、2年ぶりの増加となった。主な所得についてみると、給与所得の税額は対前年比3.4%増の10兆4858億円。配当所得は対前年比8.9%増の3485億円。特定口座内保管上場株式等の譲渡所得は対前年比237.2%増の2353億円などとなっている。

平成29事務年度 法人税等の申告(課税)事績の概要について

提供元:21C・TFフォーラム(株式会社タックス・コム)

この記事のカテゴリ

関連リンク

電子帳簿保存法の累計承認件数が20万件超える

税務・会計に関する情報を毎週無料でお届けしています!

メルマガ登録はこちら

 

週間ニュースランキング

2月6日更新

税ニュース
/news/tax/2018/img/img_hojin_01_s.jpg
 国税庁はこのほど、平成29事務年度における法人税等の申告(課税)事績の概要を公表した。それによると、29年度における法人税の申告件数は289万6千件で、申告所得金額の総額は70兆7677億円。申告税額の総額は12兆4730億円。申告所得金額の総額については前年度に比べ7兆2928億円(11.5%)増加し、8年連続の増加となった。申告所得金額の総額は過去最高となっている。 また、黒字申告割合は対前年比1ポイント増の34.2%で、7年連続の上昇。黒字申告一件当たりの所得金額は対前年比7.1%増の7150万円となった。その一方で、申告欠損金額も増加している。同年度における申告欠損金額は、対前年比15.1%増の13兆7101億円。赤字申告1件当たりの欠損金額は対前年比15.3%増の719万円と増加しており、企業業績の二極化がうかがえる結果となった。 一方、平成29事務年度における源泉所得税等の税額は対前年比6.5%増の18兆1517億円で、2年ぶりの増加となった。主な所得についてみると、給与所得の税額は対前年比3.4%増の10兆4858億円。配当所得は対前年比8.9%増の3485億円。特定口座内保管上場株式等の譲渡所得は対前年比237.2%増の2353億円などとなっている。
2018.10.17 17:08:06