HOME ニュース一覧 税務職員採用試験で女性申込者5年ぶりに3割超え

税ニュース

税務職員採用試験で女性申込者5年ぶりに3割超え

 人事院がこのほど公表した平成30年度税務職員採用試験の申込状況によると、申込者に占める女性の割合が25年度以来5年ぶりに3割を超えることがわかった。

 高校卒業程度を対象とする税務職員採用試験の申込者総数は、前年度に比べ581人減の8011人。このうち女性の申込者は29人増の2517人で、申込者に占める女性の割合は31.4%となった。女性の割合は25年度(34.2%)までは3割台が続いていたが、以後、26年度27.3%、27年度27.6%、28年度28.2%、29年度29%と、2割台にとどまっていた。

 30年度試験は、1次試験(学科)を9月2日に、2次試験(人物試験・身体検査)を10月10日~19日までの間の指定された日に実施、最終合格者は11月13日に発表される。最終合格者発表後、採用面接を行い採用内定者に通知する。採用予定は780人。

 試験合格者の国税局採用は31年4月なので採用年度は31年度になる。採用後は税務大学校に入校し、普通科79期生として1年間の全寮制の研修後、各税務署に配属される。

提供元:21C・TFフォーラム(株式会社タックス・コム)

この記事のカテゴリ

関連リンク

国税庁発足以来、最も低かった滞納発生割合

税務・会計に関する情報を毎週無料でお届けしています!

メルマガ登録はこちら

 

週間ニュースランキング

3月31日更新

税ニュース
/news/tax/2018/img/img_kokuzei_01_s.jpg
 人事院がこのほど公表した平成30年度税務職員採用試験の申込状況によると、申込者に占める女性の割合が25年度以来5年ぶりに3割を超えることがわかった。 高校卒業程度を対象とする税務職員採用試験の申込者総数は、前年度に比べ581人減の8011人。このうち女性の申込者は29人増の2517人で、申込者に占める女性の割合は31.4%となった。女性の割合は25年度(34.2%)までは3割台が続いていたが、以後、26年度27.3%、27年度27.6%、28年度28.2%、29年度29%と、2割台にとどまっていた。 30年度試験は、1次試験(学科)を9月2日に、2次試験(人物試験・身体検査)を10月10日~19日までの間の指定された日に実施、最終合格者は11月13日に発表される。最終合格者発表後、採用面接を行い採用内定者に通知する。採用予定は780人。 試験合格者の国税局採用は31年4月なので採用年度は31年度になる。採用後は税務大学校に入校し、普通科79期生として1年間の全寮制の研修後、各税務署に配属される。提供元:21C・TFフォーラム(株式会社タックス・コム)
2018.08.17 09:20:16