HOME ニュース一覧 7月1日から19種類の収入印紙のデザイン変更

税ニュース

7月1日から19種類の収入印紙のデザイン変更

国税庁関係

 国税庁は7月1日から、額面200円以上の19種類の収入印紙について、新たな偽造防止加工を施したデザインに一新することを明らかにした。現行の収入印紙は25年前から流通しているが、収入印紙の偽造が後を絶たず偽造防止の技術が時代後れになっていることから、デザインの変更等を行うことで偽造印紙の流通を食い止める。

 具体的にみると、200円券については、 見る角度でパール色の光沢模様が現れる技術と特殊レンズを重ねると「200」の文字が現れる技術を採用し、300円から600円の4券種には、メタメリックインキを使用して専用シートを重ねると、模様が消える技術を使用している。また、1000円以上の14券種については、見る角度を変えると複数の模様が現れるよう細工されている。

 これに加えて、31種類すべてで可視領域では無色だが、紫外線ランプの照射で発光するインキを使用した特殊発光インキとマイクロ文字着色繊維及び透かし入用紙を使用する。

 なお、改正前の収入印紙については、改正後の収入印紙の適用開始後も引き続き使用できる。

収入印紙の形式改正について

提供元:21C・TFフォーラム(株式会社タックス・コム)

関連リンク

貸付金債権は元本によって評価するのが妥当と判断、棄却

税ニュース
/news/tax/2018/img/img_kokuzei_01_s.jpg
 国税庁は7月1日から、額面200円以上の19種類の収入印紙について、新たな偽造防止加工を施したデザインに一新することを明らかにした。現行の収入印紙は25年前から流通しているが、収入印紙の偽造が後を絶たず偽造防止の技術が時代後れになっていることから、デザインの変更等を行うことで偽造印紙の流通を食い止める。 具体的にみると、200円券については、 見る角度でパール色の光沢模様が現れる技術と特殊レンズを重ねると「200」の文字が現れる技術を採用し、300円から600円の4券種には、メタメリックインキを使用して専用シートを重ねると、模様が消える技術を使用している。また、1000円以上の14券種については、見る角度を変えると複数の模様が現れるよう細工されている。 これに加えて、31種類すべてで可視領域では無色だが、紫外線ランプの照射で発光するインキを使用した特殊発光インキとマイクロ文字着色繊維及び透かし入用紙を使用する。 なお、改正前の収入印紙については、改正後の収入印紙の適用開始後も引き続き使用できる。
2018.06.05 16:08:30