HOME ニュース一覧 分かりにくい? 国税庁の新HP サイト内検索が使えず混乱

税ニュース

分かりにくい? 国税庁の新HP サイト内検索が使えず混乱

国税庁関係

 3月末にリニューアルした国税庁のホームページで、サイト内検索が事実上使えずに「目当ての情報にたどりつけない」などの声が多く上がっている。リニューアルに伴い個別ページのURLが全て変更されたことが原因で、まだ多数の項目で、トップページから税目やジャンルなどを一つ一つ選んで目的のページまで移動しなければならない状態になっている。
 国税庁がホームページを全面リニューアルしたのは3月30日。トップページに表示される新着情報がテーマごとに細分化され、更新情報を新着分に表示した「トピックス」に加え、「税の情報・手続・用紙」、「刊行物等」、「法令等」、「お知らせ」、「国税庁等について」というテーマに沿った更新情報がまとめられている。
 ホームページ刷新の理由として国税庁は、「電子政府指針等を踏まえ、ホームページのさらなる利便性の向上を図るため」と説明している。ところが利便性向上のために行われたはずのリニューアルによって、逆に利便性が大きく損なわれてしまったのが現状だ。
 リニューアルに当たっては、情報分類の整理などが行われたことから、各ページの掲載場所やほぼ全てのページのURLが変更となった。グーグルなどの検索エンジンから個別のページに飛んでも旧URLから個別の新URLへの誘導はなく、新ホームページのトップに転送されてしまう。またサイト内検索を使っても、その検索結果に旧URLが表示されてしまい、結局新ホームページへ転送されてしまうという状態だ。目当てのページにたどりつくためには、トップページから項目を順番に選んでいく方法しかないが、インターネット上では「調べたいページがどこにあるのか分からない」という声が多数出ている。
 納税者の声を受けて、国税庁は4月3日に「サイト内検索について」とする文書を発表した。「利用者の皆様にご不便をおかけして申し訳ございません」と謝罪すると共に、検索結果に新URLが表示されるよう措置を講じたことを報告した。ただし実際に改善されるまでは「一般的に、閲覧の多いホームページについては、即日から一週間程度で検索結果に新URLが表示される見込みです」と幅を持たせる言い方にとどまった。4月5日時点では、一部のページについては検索結果に新URLが表示されるものの、まだ多くの情報については旧URLのままという状態になっている。
 検索機能については再改修が行われる可能性もあるが、どちらにせよ納税者にとって不便な状態がしばらくは続きそうだ。

提供元:エヌピー通信社

関連リンク

EUが「デジタル課税」提案 IT企業 売上国で課税 米国は猛反対

税ニュース
/news/tax/2018/img/img_kokuzei_02_s.jpg
 3月末にリニューアルした国税庁のホームページで、サイト内検索が事実上使えずに「目当ての情報にたどりつけない」などの声が多く上がっている。リニューアルに伴い個別ページのURLが全て変更されたことが原因で、まだ多数の項目で、トップページから税目やジャンルなどを一つ一つ選んで目的のページまで移動しなければならない状態になっている。 国税庁がホームページを全面リニューアルしたのは3月30日。トップページに表示される新着情報がテーマごとに細分化され、更新情報を新着分に表示した「トピックス」に加え、「税の情報・手続・用紙」、「刊行物等」、「法令等」、「お知らせ」、「国税庁等について」というテーマに沿った更新情報がまとめられている。 ホームページ刷新の理由として国税庁は、「電子政府指針等を踏まえ、ホームページのさらなる利便性の向上を図るため」と説明している。ところが利便性向上のために行われたはずのリニューアルによって、逆に利便性が大きく損なわれてしまったのが現状だ。 リニューアルに当たっては、情報分類の整理などが行われたことから、各ページの掲載場所やほぼ全てのページのURLが変更となった。グーグルなどの検索エンジンから個別のページに飛んでも旧URLから個別の新URLへの誘導はなく、新ホームページのトップに転送されてしまう。またサイト内検索を使っても、その検索結果に旧URLが表示されてしまい、結局新ホームページへ転送されてしまうという状態だ。目当てのページにたどりつくためには、トップページから項目を順番に選んでいく方法しかないが、インターネット上では「調べたいページがどこにあるのか分からない」という声が多数出ている。 納税者の声を受けて、国税庁は4月3日に「サイト内検索について」とする文書を発表した。「利用者の皆様にご不便をおかけして申し訳ございません」と謝罪すると共に、検索結果に新URLが表示されるよう措置を講じたことを報告した。ただし実際に改善されるまでは「一般的に、閲覧の多いホームページについては、即日から一週間程度で検索結果に新URLが表示される見込みです」と幅を持たせる言い方にとどまった。4月5日時点では、一部のページについては検索結果に新URLが表示されるものの、まだ多くの情報については旧URLのままという状態になっている。 検索機能については再改修が行われる可能性もあるが、どちらにせよ納税者にとって不便な状態がしばらくは続きそうだ。提供元:エヌピー通信社
2018.04.06 09:52:10