HOME ニュース一覧 4月から法人番号公表サイトがセキュリティ強化

税ニュース

4月から法人番号公表サイトがセキュリティ強化

国税庁関係

 国税庁は、ホームページ上の「法人番号公表サイト」のセキュリティ強化を4月1日から実施することを明らかにした。

 法人番号公表サイトは、13桁の法人番号とともに法人の商号又は名称、本店又は主たる事務所の所在地の3項目(基本3情報)を公表しているが、官公庁HPへのサイバー攻撃も激しくなってきていることから、セキュリティ強化を目的に常時暗号化通信「TSL.2」に対応するため変更される。

 これに伴って国税庁では、利用の際に不具合が発生する可能性があることから、現在その周知を図っている。

 具体的には、利用者のブラウザに政府認証基盤アプリケーション認証局2(Root)の自己証明書(ルート証明書)がインストールされていない場合には、利用時に「このWebサイトのセキュリティ証明書には問題があります」などの警告が表示される場合がある。もし、ブラウザにルート証明書がインストールをされていない場合は、同庁HP等からルート証明書のインストールをすれば利用できる。

 また、 利用者のパソコンが「TSL.2」に対応していない又は「TSL.2」を有効に設定していない端末等からサイトに接続した場合は、閲覧ができない可能性がある。その際には、各端末メーカーに問い合わせをしてほしいと呼び掛けている。

 なお、4月1日以降は新たにアドレス(https://www.houjin-bangou.nta.go.jp)が設定されるが、現在のアドレスでも閲覧できる。

法人番号公表サイトの常時暗号化対応について

提供元:21C・TFフォーラム(株式会社タックス・コム)

関連リンク

社会福祉法人利用の脱税スキームの関与者からの控訴を棄却

税ニュース
/news/tax/2018/img/img_kokuzei_02_s.jpg
 国税庁は、ホームページ上の「法人番号公表サイト」のセキュリティ強化を4月1日から実施することを明らかにした。 法人番号公表サイトは、13桁の法人番号とともに法人の商号又は名称、本店又は主たる事務所の所在地の3項目(基本3情報)を公表しているが、官公庁HPへのサイバー攻撃も激しくなってきていることから、セキュリティ強化を目的に常時暗号化通信「TSL.2」に対応するため変更される。 これに伴って国税庁では、利用の際に不具合が発生する可能性があることから、現在その周知を図っている。 具体的には、利用者のブラウザに政府認証基盤アプリケーション認証局2(Root)の自己証明書(ルート証明書)がインストールされていない場合には、利用時に「このWebサイトのセキュリティ証明書には問題があります」などの警告が表示される場合がある。もし、ブラウザにルート証明書がインストールをされていない場合は、同庁HP等からルート証明書のインストールをすれば利用できる。 また、 利用者のパソコンが「TSL.2」に対応していない又は「TSL.2」を有効に設定していない端末等からサイトに接続した場合は、閲覧ができない可能性がある。その際には、各端末メーカーに問い合わせをしてほしいと呼び掛けている。 なお、4月1日以降は新たにアドレス(https://www.houjin-bangou.nta.go.jp)が設定されるが、現在のアドレスでも閲覧できる。
2018.03.14 08:49:40