HOME ニュース一覧 税務通信ニュース1月29日号

税ニュース

税務通信ニュース1月29日号

法人税 所得税 消費税 国際税務 金融 国税庁関係 税制改正

国税庁 タックスアンサーで民泊収入の所得区分を示す

 国税庁は1月22日、同庁ホームページに掲載されているタックスアンサー「No.1906 給与所得者がネットオークション等により副収入を得た場合」を更新した。
 この中で、個人が得た「民泊による所得」について、一般的には、不動産所得ではなく、「雑所得」に該当することを示している。

平成30年度改正で消費税簡易課税制度のみなし仕入率を見直し

 平成30年度税制改正により、消費税簡易課税制度のみなし仕入率が見直される。
 消費税率10%への引上げと同時に軽減税率制度が適用されることを踏まえ、農林水産業のうち食用の農林水産物を生産する事業を「第2種事業」とし、みなし仕入率を80%(現行70%)とする。適用は、平成31年10月1日を含む課税期間から。ただし、同日前における食用の農林水産物を生産する事業については、適用しない。

金商法の無登録業者とのFX取引による所得は総合課税

 FX取引による所得は、一律に分離課税の雑所得とみる誤解もあるようだが、特例により、申告分離課税の対象となるのは、金融商品取引法に規定する店頭デリバティブ取引等の範囲に含まれるFX取引に限定される。
 平成28年度税制改正により、28年10月1日以後に行う、金融商品取引法の金融商品取引業の登録のない海外FX業者等とのインターネットによる店頭取引等については、特例の対象外となっており、その所得は、総合課税の対象となるため留意したい。

外国法人の法人税申告書様式が変更 12月決算法人などは注意

 平成26年度税制改正において、国際課税原則が帰属主義に見直されたことにより、外国法人は、平成28年4月1日以後開始する事業年度から「別表1の3」の様式を使用して申告することになった。
 従前の「別表1(1)」の様式による提出は誤りとなるので、これから申告期を迎える12月決算法人などでは留意したい。

関連リンク

税務通信ニュース1月22日号


税ニュース
/news/tax/2018/img/img_kokuzei_01_s.jpg
 国税庁は1月22日、同庁ホームページに掲載されているタックスアンサー「No.1906 給与所得者がネットオークション等により副収入を得た場合」を更新した。 この中で、個人が得た「民泊による所得」について、一般的には、不動産所得ではなく、「雑所得」に該当することを示している。
2018.01.26 10:08:13