HOME ニュース一覧 税務調査用車両の稼働率、3年前と変わらず

税ニュース

税務調査用車両の稼働率、3年前と変わらず

 国税当局で使用している業務用車の稼働率が前回調査(平成26年度)と変わっていないことが、財務省が6月27日に公表した平成29年度予算執行調査結果でわかった。

 予算執行調査は、財務省主計局の予算担当職員等が、予算執行の実態を調査して改善点を指摘し、予算の見直しや執行の効率化等につなげていく取組み。29年度調査は、本年3月に調査対象を選定し調査を実施していた。財務省では、調査結果に基づき、各省庁に対し30年度概算要求や今後の予算執行に確実に反映するよう要請している。

 国税当局で使用している業務用車については、26年度予算執行調査ですでに実施しており、今回はそのフォローアップ調査として実施した。調査したのは、全国12の国税局(所)及びその管轄税務署で税務調査や徴収等に使用している業務用車の稼働率と、業務用車が不足している場合に代替手段として使用しているレンタカーの利用状況で、前回26年度調査結果を踏まえ、これらが効率的に行われているかを検証した。

 それによると、業務用車の全国平均稼働率は57.8%で前回と変わらなかった。一方、レンタカーの利用では、年間利用延べ台数の合計は2万3370台(前回3万5831台)で、前回に比べ1万2461台減少した。

 前回調査では、レンタカーを年間延べ100台以上利用している局署が42あり、この42局署の年間利用延べ台数は3万2192台で全体の9割を占めていた。今回の調査では、このうち33局署で業務用車の配備見直し等により、年間利用延べ台数は1万9398台となり、1万2794台減少しレンタカー依存度が改善された。これが全体の利用減少につながった。

この件は

提供元:21C・TFフォーラム(株式会社タックス・コム)

この記事のカテゴリ

関連リンク

国税庁、特定医療法人制度のFAQを公表

税務・会計に関する情報を毎週無料でお届けしています!

メルマガ登録はこちら

 

週間ニュースランキング

2月6日更新

税ニュース
/news/tax/2017/img/img_kokuzei_01_s.jpg
 国税当局で使用している業務用車の稼働率が前回調査(平成26年度)と変わっていないことが、財務省が6月27日に公表した平成29年度予算執行調査結果でわかった。 予算執行調査は、財務省主計局の予算担当職員等が、予算執行の実態を調査して改善点を指摘し、予算の見直しや執行の効率化等につなげていく取組み。29年度調査は、本年3月に調査対象を選定し調査を実施していた。財務省では、調査結果に基づき、各省庁に対し30年度概算要求や今後の予算執行に確実に反映するよう要請している。 国税当局で使用している業務用車については、26年度予算執行調査ですでに実施しており、今回はそのフォローアップ調査として実施した。調査したのは、全国12の国税局(所)及びその管轄税務署で税務調査や徴収等に使用している業務用車の稼働率と、業務用車が不足している場合に代替手段として使用しているレンタカーの利用状況で、前回26年度調査結果を踏まえ、これらが効率的に行われているかを検証した。 それによると、業務用車の全国平均稼働率は57.8%で前回と変わらなかった。一方、レンタカーの利用では、年間利用延べ台数の合計は2万3370台(前回3万5831台)で、前回に比べ1万2461台減少した。 前回調査では、レンタカーを年間延べ100台以上利用している局署が42あり、この42局署の年間利用延べ台数は3万2192台で全体の9割を占めていた。今回の調査では、このうち33局署で業務用車の配備見直し等により、年間利用延べ台数は1万9398台となり、1万2794台減少しレンタカー依存度が改善された。これが全体の利用減少につながった。
2017.06.30 09:46:06