国税庁装った「標的型メール」にご注意!
カテゴリ:12.国税庁関係 トピック
作成日:09/24/2015  提供元:21C・TFフォーラム



 国税庁からの連絡を装った偽メールが一部で出回っていることを受け、国税庁が注意を呼びかけている。問題となっているのは、e−Taxに係る国税庁からの連絡を装った「標的型メール」。

 近年多発している「標的型メール」とは、情報漏えいなどを目的として特定の組織や個人に送りつけられるサイバー攻撃の一種。添付ファイルを開くとウィルスに感染し、情報を盗み取られるなどの被害が続出している。

 国税庁では、e−Taxの利用にあたってメールアドレスを登録している人に対して、メッセージボックスに情報が格納された際などに、「税務署からのお知らせ」メールを送信しているが、このメールにファイルを添付することはない。

 国税庁では、e−Taxからお知らせメールを送信する際の送信元表記や件名表記、メール本文のパターンを開示するとともに、添付ファイルがある「税務署からのお知らせ」メールを受け取った場合には、メールを開封せずに削除するなど、取扱いには十分に注意するよう呼びかけている。

 e−Taxが送信するお知らせメールのパターンはこちら