HOME ニュース一覧 寅年生まれは1025万人、新成人は120万人

経営ニュース

寅年生まれは1025万人、新成人は120万人

 総務省統計局がこのほど発表した令和4年1月1日現在における「寅(とら)年生まれ」の人口と「新成人」の人口の推計によると、本年1月1日現在における寅(とら)年生まれの人口は1025万人で、総人口1億2545万人(男性6099万人、女性6447万人)に占める割合は8.2%となっている。男女別にみると、男性は499万人、女性は526万人で、女性が男性より27万人多くなっている。

 寅年生まれの人口を出生年別にみると、「昭和49年生まれ」(令和4年に48歳になる人)が198万人と最も多く、次いで「昭和25年生まれ」(同72歳になる人)が185万人、「昭和37年生まれ」(同60歳になる人)が153万人などとなっている。最も若い「平成22年生まれ」(同12歳になる人)は106万人で、第2次ベビーブーム(昭和46年~49年)世代である昭和49年生まれの約半数となっている。

 総人口を十二支別にみると、「丑(うし)年生まれ」が1139万人で最も多く、「子(ね)年」(1126万人)、「亥(い)年」(1111万人)と続いており、寅年生まれは9番目となっている。

 一方、昨年令和3年の1年間に、新たに成人に達した人口(令和4年1月1日現在20歳の人口)は120万人で、前年と比べると4万人減少となっている。男女別にみると、男性は61万人、女性は59万人で、男性が女性より2万人多い。女性100人に対する男性の数(人口性比)は104.6となっている。

 新成人人口について、この推計を開始した昭和43年からの推移をみると、第1次ベビーブーム(昭和22年~24年)世代の昭和24年生まれの人が成人に達した昭和45年が246万人(総人口に占める割合は2.40%)で最も多くなった後、減少に転じ、昭和53年には152万人となった。

 その後、昭和50年代後半から再び増加傾向を続け、第2次ベビーブーム世代の人が成人に達した時に200万人台となった後、平成7年に再び減少に転じて以降は減少傾向を続けている。令和4年の新成人人口は 120万人、総人口に占める割合は0.96%で、前年と比べ4万人減少、0.03ポイント低下と、ともに2年ぶりの減少・低下となり、人口については過去最低を更新。また、総人口に占める割合は12年連続で1%を下回っている。

「寅年生まれ」と「新成人」の人口について

提供元:21C・TFフォーラム(株式会社タックス・コム)

この記事のカテゴリ

関連リンク

2020年の時間当たり労働生産性は5086円

税務・会計に関する情報を毎週無料でお届けしています!

メルマガ登録はこちら

 

月間ニュースランキング

1月6日更新

経営ニュース
/news/management/2022/img/img_keiei_03_s.jpg
 総務省統計局がこのほど発表した令和4年1月1日現在における「寅(とら)年生まれ」の人口と「新成人」の人口の推計によると、本年1月1日現在における寅(とら)年生まれの人口は1025万人で、総人口1億2545万人(男性6099万人、女性6447万人)に占める割合は8.2%となっている。男女別にみると、男性は499万人、女性は526万人で、女性が男性より27万人多くなっている。 寅年生まれの人口を出生年別にみると、「昭和49年生まれ」(令和4年に48歳になる人)が198万人と最も多く、次いで「昭和25年生まれ」(同72歳になる人)が185万人、「昭和37年生まれ」(同60歳になる人)が153万人などとなっている。最も若い「平成22年生まれ」(同12歳になる人)は106万人で、第2次ベビーブーム(昭和46年~49年)世代である昭和49年生まれの約半数となっている。 総人口を十二支別にみると、「丑(うし)年生まれ」が1139万人で最も多く、「子(ね)年」(1126万人)、「亥(い)年」(1111万人)と続いており、寅年生まれは9番目となっている。 一方、昨年令和3年の1年間に、新たに成人に達した人口(令和4年1月1日現在20歳の人口)は120万人で、前年と比べると4万人減少となっている。男女別にみると、男性は61万人、女性は59万人で、男性が女性より2万人多い。女性100人に対する男性の数(人口性比)は104.6となっている。 新成人人口について、この推計を開始した昭和43年からの推移をみると、第1次ベビーブーム(昭和22年~24年)世代の昭和24年生まれの人が成人に達した昭和45年が246万人(総人口に占める割合は2.40%)で最も多くなった後、減少に転じ、昭和53年には152万人となった。 その後、昭和50年代後半から再び増加傾向を続け、第2次ベビーブーム世代の人が成人に達した時に200万人台となった後、平成7年に再び減少に転じて以降は減少傾向を続けている。令和4年の新成人人口は 120万人、総人口に占める割合は0.96%で、前年と比べ4万人減少、0.03ポイント低下と、ともに2年ぶりの減少・低下となり、人口については過去最低を更新。また、総人口に占める割合は12年連続で1%を下回っている。
2022.01.11 15:54:21