HOME ニュース一覧 ストライク、札幌オフィスを5月に移転へ~人員増強で広さ2倍に

経営ニュース

ストライク、札幌オフィスを5月に移転へ~人員増強で広さ2倍に

 M&Aを手掛けるストライクは5月25日、札幌市のオフィスを移転する。オフィスの広さを2倍に拡張し、北海道エリアでの営業力の強化に向けた人員増強に対応する。道内企業の経営者は全国同様に高齢化が進んでいる。同社は事業承継目的のM&Aが増えると判断。体制をさらに強化し、成約組数を伸ばす考えだ。

 新しいオフィスは大同生命札幌ビル(札幌市中央区北三条西3丁目1番地)で、広さは約181平方メートル。現在のオフィス(札幌ノースプラザ、同区北一条西4丁目2番地2)の97平方メートルを大幅に上回る。ストライクは2019年8月期末に3人だった札幌オフィスの営業担当者をすでに5人に増員しており、今後も増やす方針だ。後継者不在に悩む経営者の来社による相談も増えており、来客スペースの確保も課題となっていた。

 帝国データバンクが20年1月に公表した調査では、全国平均に比べて1歳近く年齢が高い。ストライクは北海道での体制を強化し、中堅・中小企業の事業承継や企業の「選択と集中」などを背景としたM&A(合併・買収)需要の拡大に対応する。

提供元:株式会社STRIKE

この記事のカテゴリ

関連リンク

主要株主の異動、「記事」で即時配信~ストライク、ツイッターで3月から ~「もの言う株主」の動きも速報

税務・会計に関する情報を毎週無料でお届けしています!

メルマガ登録はこちら

 

月間ニュースランキング

9月1日更新

経営ニュース
/news/management/2020/img/img_keiei_02_s.jpg
 M&Aを手掛けるストライクは5月25日、札幌市のオフィスを移転する。オフィスの広さを2倍に拡張し、北海道エリアでの営業力の強化に向けた人員増強に対応する。道内企業の経営者は全国同様に高齢化が進んでいる。同社は事業承継目的のM&Aが増えると判断。体制をさらに強化し、成約組数を伸ばす考えだ。 新しいオフィスは大同生命札幌ビル(札幌市中央区北三条西3丁目1番地)で、広さは約181平方メートル。現在のオフィス(札幌ノースプラザ、同区北一条西4丁目2番地2)の97平方メートルを大幅に上回る。ストライクは2019年8月期末に3人だった札幌オフィスの営業担当者をすでに5人に増員しており、今後も増やす方針だ。後継者不在に悩む経営者の来社による相談も増えており、来客スペースの確保も課題となっていた。 帝国データバンクが20年1月に公表した調査では、全国平均に比べて1歳近く年齢が高い。ストライクは北海道での体制を強化し、中堅・中小企業の事業承継や企業の「選択と集中」などを背景としたM&A(合併・買収)需要の拡大に対応する。
2020.04.01 09:58:16