HOME ニュース一覧 新型コロナウイルス、企業の6割強が業績に「マイナスの影響」

経営ニュース

新型コロナウイルス、企業の6割強が業績に「マイナスの影響」

 帝国データバンクがこのほど発表した「新型コロナウイルス感染症に対する企業の意識調査」結果(有効回答数1万704社)によると、新型コロナウイルス感染症による自社の業績への影響は、「マイナスの影響がある」と見込む企業は63.4%となった。内訳は、「既にマイナスの影響がある」が30.2%、「今後マイナスの影響がある」が33.2%となった。他方、「影響はない」とする企業は16.9%だった。

 このほか、「プラスの影響がある」と見込む企業は1.7%にとどまった。とりわけ、「マイナスの影響がある」と見込む企業は、日を追うごとに割合が増加し、危機意識が高まっている。2月25日に「新型コロナウイルス感染症の基本方針」決定以降は、その傾向が顕著に表れ、特に、「既にマイナスの影響がある」は2月14日の24.5%から2月29日には45.4%まで上昇しており、半数近くの企業でマイナスの影響を受けていた。

 「マイナスの影響がある」と見込む企業を業界別にみると、「運輸・倉庫」が72.8%と最も高く、さらに「卸売」(72.5%)が続き、以下、「小売」(66.9%)と「製造」(66.8%)が6割台で続いた。マイナスの影響を最も高く見込む「運輸・倉庫」では、企業の41.7%で既にマイナスの影響がでていた。「製造」は、今後の悪影響を見込む企業が35.9%となっており、全業界で最も先行きを懸念している様子がうかがえる。

 また、「マイナスの影響がある」と見込む企業を業種別にみると、「繊維・繊維製品・服飾品卸売」と「旅館・ホテル」が89.3%で最も高い。以下、「再生資源卸売」(87.5%)、「繊維・繊維製品・服飾品小売」(87.1%)、「飲食店」(80.9%)が8割台で続く。特に「旅館・ホテル」は、「現在は、宴会などを中心にキャンセルが相次いでいる」(旅館、東京都)とあるように71.4%の企業で既にマイナスの影響が生じていた。

 「今後マイナスの影響がある」と見込んでいる企業は、「家具類小売」(41.7%)がトップ、次いで、「自動車・同部品小売」(41.5%)や「再生資源卸売」「パルプ・紙・紙加工品製造」(ともに40.6%)が上位となった。企業からは「生産が遅れて、納期が未定である」(家具類小売、北海道)や「中国からの部品の供給が滞ることで、新車の生産に影響を与えると考えられる」(自動車(新車)小売、青森県)という意見が挙がった。

新型コロナウイルス感染症に対する企業の意識調査について

提供元:21C・TFフォーラム(株式会社タックス・コム)

この記事のカテゴリ

関連リンク

令和2年度中小企業関係補助金のポイント

税務・会計に関する情報を毎週無料でお届けしています!

メルマガ登録はこちら

 

週間ニュースランキング

3月31日更新

経営ニュース
/news/management/2020/img/img_keiei_02_s.jpg
 帝国データバンクがこのほど発表した「新型コロナウイルス感染症に対する企業の意識調査」結果(有効回答数1万704社)によると、新型コロナウイルス感染症による自社の業績への影響は、「マイナスの影響がある」と見込む企業は63.4%となった。内訳は、「既にマイナスの影響がある」が30.2%、「今後マイナスの影響がある」が33.2%となった。他方、「影響はない」とする企業は16.9%だった。 このほか、「プラスの影響がある」と見込む企業は1.7%にとどまった。とりわけ、「マイナスの影響がある」と見込む企業は、日を追うごとに割合が増加し、危機意識が高まっている。2月25日に「新型コロナウイルス感染症の基本方針」決定以降は、その傾向が顕著に表れ、特に、「既にマイナスの影響がある」は2月14日の24.5%から2月29日には45.4%まで上昇しており、半数近くの企業でマイナスの影響を受けていた。 「マイナスの影響がある」と見込む企業を業界別にみると、「運輸・倉庫」が72.8%と最も高く、さらに「卸売」(72.5%)が続き、以下、「小売」(66.9%)と「製造」(66.8%)が6割台で続いた。マイナスの影響を最も高く見込む「運輸・倉庫」では、企業の41.7%で既にマイナスの影響がでていた。「製造」は、今後の悪影響を見込む企業が35.9%となっており、全業界で最も先行きを懸念している様子がうかがえる。 また、「マイナスの影響がある」と見込む企業を業種別にみると、「繊維・繊維製品・服飾品卸売」と「旅館・ホテル」が89.3%で最も高い。以下、「再生資源卸売」(87.5%)、「繊維・繊維製品・服飾品小売」(87.1%)、「飲食店」(80.9%)が8割台で続く。特に「旅館・ホテル」は、「現在は、宴会などを中心にキャンセルが相次いでいる」(旅館、東京都)とあるように71.4%の企業で既にマイナスの影響が生じていた。 「今後マイナスの影響がある」と見込んでいる企業は、「家具類小売」(41.7%)がトップ、次いで、「自動車・同部品小売」(41.5%)や「再生資源卸売」「パルプ・紙・紙加工品製造」(ともに40.6%)が上位となった。企業からは「生産が遅れて、納期が未定である」(家具類小売、北海道)や「中国からの部品の供給が滞ることで、新車の生産に影響を与えると考えられる」(自動車(新車)小売、青森県)という意見が挙がった。
2020.03.10 16:49:53